YOASOBI、「ラブレター」が「ピュレグミ」20周年記念CMに起用

ツイート


YOASOBIの楽曲「ラブレター」が、本日2022年4月1日(金)より公開となったカンロ株式会社の「ピュレグミ」の20周年記念CMに起用された。

2021年8月に配信リリースした同曲は、TOKYO FM/JFN『日本郵便 SUNDAY’S POST』で実施していた、番組リスナーからのお手紙を楽曲化する企画『レターソングプロジェクト』から生まれた。“好きなものによって、自由に、自分らしく、前を向くための力”が伝わってくる楽曲のメッセージ性が、今回のCMの“自分らしさ”というテーマに重なったため起用に至ったということ。

CMには、俳優・伊藤万理華が出演。今年1月にSNS上で実施した「2022年、どんな一年にしたいですか?」という問いかけに、ピュレグミユーザーから集まった“2098のメッセージ”が刻み込まれた“ピュレ吹雪”と共に、楽曲「ラブレター」に合わせ舞い踊る姿が披露されている。なお、“始まり”をイメージする「滑走路」を舞台にしたTVCMに加え、撮影スタジオで繰り広げられるミュージカル調のWEBCMの2種が公開されている。

  ◆  ◆  ◆

<伊藤万理華 コメント>
ピュレグミ20周年、本当におめでとうございます!
ときめく風に、乗れ。
このことばに感銘を受けました。
いちばん大切にしたい思いが此処で重なって、すごいエネルギーを放っています。
YOASOBIさんのラブレターに乗せて、2098の想いを全身で浴びながら踊りました。
踊ってる時、ピュレ吹雪を浴びてる時、多幸感に溢れた現場で
とても素敵なチームに出会えたことに幸せでなんだか泣きそうでした。
新生活を迎える春にぴったりなCMになっていると思います。

  ◆  ◆  ◆

<YOASOBIコメント>
幼い頃からいつも手に取っていたピュレグミの新CMに「ラブレター」を起用していただき、本当に嬉しく思います。
伊藤万理華さんの軽やかに踊り舞う姿が、楽曲の世界とマッチして、新たな風を感じました。
今回の「ときめく風に、乗れ。」というメッセージと共に、皆さんの抱える様々な思いに「ラブレター」が寄り添えたら幸いです。

  ◆  ◆  ◆





「ラブレター」

2021年8月9日(月)配信リリース
配信URL:https://orcd.co/yoasobi_loveletter
MV:https://youtu.be/mnta9Pp2LqA

作詞・作曲・編曲:Ayase/歌唱:ikura
原作お手紙:「音楽さんへ」(はつね 作)
https://www.tfm.co.jp/post/lettersong/pdf/letter.pdf

«タイアップ»
TOKYO FM/JFN『日本郵便 SUNDAY'S POST』レターソングプロジェクト楽曲
カンロ「ピュレグミ」20周年CMソング

この記事をツイート

この記事の関連情報