キリトが語る、ソロ本格再起動の真意と未来

ツイート

“読むロックマガジン”こと『ROCK AND READ』の最新刊、第100号が4月6日に発売される。

◆『ROCK AND READ』第100号 画像

『ROCK AND READ』は2003年に『バンドやろうぜ』別冊として前身『READ』を創刊。2004年に『REAL READ』名義で独立新創刊された。同誌の記念すべき100号の表紙は、『READ』および『ROCK AND READ』ともに創刊号の表紙巻頭を飾ったキリトだ。


Angeloは2021年8月1日、無期限活動休止を突然発表し、2022年1月15日および16日の代々木公演で15年を超える軌跡に一旦ピリオドを打った。しかし、そのフロントマンであり首謀者であるキリトは、その足を止めることはなかった。同年2月24日、自身50回目の誕生日にソロライブ<THE NIGHT BEFORE AWAKENING>を実施。3月23日の「ANTI-MATTER」を皮切りにソロ曲を連続配信リリース。全国ソロツアー<KIRITO Tour 2022「THE EMERGENCE OF ANTIMATTER」>を4月30日よりスタートする。

ソロ活動を本格的に再起動させたキリトは、果たしてどこに向かおうとしているのか。ソロ曲「ANTI-MATTER」「INTO THE MIRROR」「RAID」に秘められた想いとは? 『ROCK AND READ』第100号では2万字インタビューでキリトの本音にとことん迫る。

また、同号には復帰後初となる7年ぶりニューアルバム『NOX:LUX』をリリースしたNIGHTMARE、4月27日にメジャー1stアルバム『404』をリリースするThe Brow Beatのアルバム全曲解説インタビューほか、DIR EN GREYの京とL'Arc-en-Cielのyukihiroを中心としたPetit Brabanconの1stライブレポートが掲載されるなど、幅広いラインナップで届けられる。


■『ROCK AND READ 100』

2022年4月6日(水)発売
●cover (& back cover)
キリト

●live report
Angelo
LUNA SEA
GLAY
Petit Brabancon
逹瑯
PENICILLIN

●interview
NIGHTMARE
SEESAW
The Brow Beat
葉月
健康
千秋 (DEZERT)
酒井参輝 (己龍)
コドモドラゴン
Versailles

■KIRITO第一弾楽曲「ANTI-MATTER」

配信開始:3月23日(水) 0:00〜
配信サイト:iTunes Store、amazon music、music.jp、オリコンミュージックストア、mora、レコチョク、ドワンゴジェイピー、OTOTOY、mysound、着信☆うた by KONAMI
※配信サイトによって配信開始時間が異なる場合がございます。
https://linkco.re/hUz1AQ5m



▼第2弾配信「INTO THE MIRROR」
4月06日(水)リリース
▼第3弾配信「RAID」
4月20日(水)リリース

■<KIRITO Tour 2022「THE EMERGENCE OF ANTIMATTER」>

4月30日(土) Spotify O-EAST
open17:15 / start18:00
5月01日(日) Spotify O-EAST
open16:15 / start17:00
5月04日(水・祝) YOKOHAMA Bay Hall
open17:15 / start18:00
5月05日(木・祝) YOKOHAMA Bay Hall
open16:15 / start17:00
5月08日(日) CLUB CITTA'川埼
open17:15 / start18:00
5月12日(木) 仙台Rensa
open18:00 / start18:30
5月14日(土) 札幌PENNY LANE 24
open17:00 / start17:30
5月21日(土) 名古屋Electric Lady Land
open17:30 / start18:00
5月22日(日) umeda TRAD
open17:00 / start18:00
5月29日(日) 福岡DRUM LOGOS
open16:15 / start17:00
6月05日(日) EX THEATER ROPPONGI
open17:15 / start18:00
▼サポートメンバー
G.海(vistlip)、G.JOHN、B.Chiyu、Dr.Allen
▼チケット
9,300円(ドリンク代別・税込)
※全席指定
※5/14 札幌PENNY LANE 24、5/21名古屋Electric Lady Land、5/22 umeda TRADに関しては整理番号スタンディング公演

この記事をツイート

この記事の関連情報