【俺の楽器・私の愛機】734「奇妙なカッコよさ」

ツイート

【リッケンバッカー4003】(福井 身長156 19歳)


中学の頃、なにかカッコいいことがしたくて妄想に明け暮れる日々を送っていました。ギターをやってみたかったですが、なんの知識もなく音楽も親の影響で歌謡曲位しか聞いたことがなくどうしたものかと思っていたある日音楽の時間に教科書をペラペラしていた時にBeatlesが載っていたページを見つけました。

その中でもポール・マッカートニーが持っていた楽器の形が凄くカッコよく、これはギターではなくベースと言うの楽器なのはわかったのですが、何というベースかは解らずじまいでした。

そんな頃、家に引きこもりアニメを見て過ごすウジウジとした期間があったのですがその時にジョジョの奇妙な冒険のアニメに出会いました。そこでEDに使われていたYESのラウンドアバウトを聞いて、初めて洋楽に触れ、なんてカッコイイんだと思いずっとEDを繰り返し聞いていました。

そこでYESを調べた時に出会ったのが私のヒーローベーシストのクリス・スクワイアです。彼のゴリゴリとしたベースのあの音、あの音を出したくてベースを初めました。そして偶然にもクリスが使っていたのもポールと同じ楽器!そこで初めてリッケンバッカーというベースだと知ることができました。

その後は引きこもりを辞め小遣いを集めて中古のジャズベースもどきを買いベースを初め、バンド組める友達もいないのでずっとラウンドアバウトのコピーに明け暮れました、ピックで弾くため未だに指弾きもスラップもできません。

そこから色々な音楽も聞きましたが、私の好きなバンドのYES、Beatles、The Jam、METALLICA、motorheadのベーシストはみんなリッケンバッカーのベースを使っているため、私の中ではベース=あの形となり、いつか絶対に買ってやると思いヤフオクで手に入れたリッケンバッカーの特集をしていたベースマガジンを読み耽ってました。

それから月日が立ち、暗黒の学生時代も終わり就職が決まった頃にコロナ禍でしたがこっそりと隣県に出掛け、ふと立ち寄った楽器屋でリッケンバッカーのベースを見つけました。リッケンバッカーは地元じゃ置いてある店も殆ど無い、しかも在庫セールで買えなくもない値段、そして一本のみ…こいつは俺が買わねばと思い高校時代アルバイトをして貯めたお金と、就職祝いで祖母から貰ったお金を使い、車を買うという親の約束を破り(地元では就職の際の採用条件が車所持のため車を持っていないと仕事ができなくなる)このベースを手に入れました。

手に入れて嬉しすぎて未だにPushノブのシール剥がせてません。当然親からはぶん殴られ買ったベースを折られかけ、大喧嘩の末縁を切られる寸前まで行きましたが、後悔はしていません(今も仲は険悪で車はローンを組まされた)。

実際手にとって見ると扱いやすい音ではありませんが、憧れていたゴリゴリサウンドに近づき、ピックで毎日ガリガリと弾き倒してやっています。未だに人付き合いとか出来ないタイプなんですが、コロナが明けたらコイツと一緒にバンド組んでみたいです。



   ◆   ◆   ◆

若くしてリッケンの魅力に溺れるなんざ、超エリートじゃん。わかってんじゃん。天才じゃん。私もクリス・スクワイアは大好き。高校の時初めて『こわれもの』を聴いて、ブラッフォード(今はブルーフォードだっけ)よりスティーブ・ハウよりリック・ウェイクマンよりジョン・アンダーソンよりこのかっこよさを生み出しているのはクリス・スクワイアなんだと盲信してました。「なんてカッコイイんだ」という感想は身長156さんも私も全く同じ。時代が違ってもそこは変わらないし、今聞いてもその気持ちに変化なし。でも友人のリッケンを借りてもあの音はしなかったという、ちょい凹み気味な思い出もある。もちろん腕がないからでした。バンド組んだら楽しそうだけど、YESを歌える人、いるかなー。ポルノグラフィティの岡野昭仁だったら、ジョン・アンダーソンいけると勝手に思っているんだけど…。(JMN統括編集長 烏丸)


★皆さんの楽器を紹介させてください

「俺の楽器・私の愛機」コーナーでは、皆さんご自慢の楽器を募集しています。BARKS楽器人編集部までガンガンお寄せください。編集部のコメントとともにご紹介させていただきますので、以下の要素をお待ちしております。

(1)投稿タイトル
 (例)必死にバイトしてやっと買った憧れのジャガー
 (例)絵を書いたら世界一かわいくなったカリンバ
(2)楽器名(ブランド・モデル名)
 (例)トラヴィス・ビーン TB-1000
 (例)自作タンバリン 手作り3号
(3)お名前 所在 年齢
 (例)練習嫌いさん 静岡県 21歳
 (例)山田太郎さん 北区赤羽市 X歳
(4)説明・自慢トーク
 ※文章量問いません。エピソード/こだわり/自慢ポイントなど、何でも構いません。パッションあふれる投稿をお待ちしております。
(5)写真
 ※最大5枚まで

●応募フォーム:https://forms.gle/XX72yo6Ph3BwqQHE9

◆【俺の楽器・私の愛機】まとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報