Uru、日曜劇場『マイファミリー』主題歌「それを愛と呼ぶなら」リリース決定。アートワークも公開

ツイート


Uruが、本日10日に放送開始となる日曜劇場『マイファミリー』主題歌の「それを愛と呼ぶなら」を6月1日にシングルとしてリリース、4月24日に先行配信することが決定した。

「マイファミリー」は、二宮和也演じる時代の寵児と持て囃されているゲーム会社の社長・鳴沢温人(なるさわ・はると)が、小学生の娘を誘拐され、多部未華子が演じる妻・鳴沢未知留(なるさわ・みちる)と力を合わせて誘拐犯と戦っていくストーリーで、『グランメゾン東京』(2019年)、『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(2021年)などを手掛けた脚本家・黒岩勉がオリジナルで描く、先の読めないノンストップファミリーエンターテインメント。

(c)TBS

主題歌となるUruの新曲「それを愛と呼ぶなら」は、このドラマのために書き下ろされた、後悔や失敗を経験したからこそ気付くことの出来る想いを描いた聴く人の背中を鼓舞するような楽曲。先日には主題歌×ドラマのコラボムービーも公開されている。

New Single「それを愛と呼ぶなら」

2022年6月1日発売
2022年4月24日先行配信

CD予約リンク:https://smar.lnk.to/fbimsa
※各オンラインショップに関してカートが上がるまで時間がかかる場合がございますので予めご了承ください

▲「それを愛と呼ぶなら」初回盤

▲「それを愛と呼ぶなら」通常盤


日曜劇場『マイファミリー』

TBS系 2020年4月10日スタート 毎週日曜 21:00~21:54

出演:二宮和也 / 多部未華子 / 賀来賢人 / 高橋メアリージュン / 迫田孝也 / 那須雄登(美 少年/ジャニーズJr.) / 山田キヌヲ / 渡辺邦斗 / 藤間爽子 / 松本幸四郎 / 富澤たけし(サンドウィッチマン) / 大友康平 / 神野三鈴 / 大島美優
濱田 岳 / 玉木 宏
脚本:黒岩 勉
プロデューサー:飯田和孝 / 渡辺良介(大映テレビ)
スーパーバイジングプロデューサー:那須田 淳
協力プロデューサー:大形美佑葵
演出:平野俊一 / 田中健太 / 宮崎陽平 / 富田和成
音楽:大間々 昂
製作:TBS
主題歌:Uru 「それを愛と呼ぶなら」
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/myfamily/
Twitter:https://twitter.com/myfamily_tbs

この記事をツイート

この記事の関連情報