【俺の楽器・私の愛機】745「一緒に歳をとりましょう」

ツイート

【Martin・D-X1E-04 HPL】(埼玉県所沢市 はっち 25歳)


息子が産まれ、部屋が狭くなってきたので、持っていた3本のギターを売り、憧れていたMartinのギターを買いました。

温かくて優しい音が、とても好きです。また、ネックやボディの触り心地がサラサラしていて、気持ちいいです。

息子が産まれた年に購入したギターなので、息子と一緒に歳を重ねていく姿を見るのが楽しみです。そして、いつかこのギターを息子が弾く日が来るかもしれないので、それまで大切に弾いていこうと思います。


   ◆   ◆   ◆

ハイ・プレッシャー・ラミネートのマーティンは、私も買いたいアコギの筆頭です。アコースティックギター界においては、オーセンティンクでトラディショナルの権化と言える老舗ブランドですけど、レガシーを大切にしながらも変化を恐れず大胆な改革とアグレッシブな先進性を併せ持つからこそ、他の追従を許さない揺るがぬブランド価値を築き上げたのでしょう。1992年のバックパッカーの発表も非常に先進的でしたよね。しかも端材を使用するというエコな発想。そんなマーティンだからこそ新素材の積極的な起用は全面的に◎。環境に優しく音がよく安価。こんな3拍子、他にあります?(JMN統括編集長 烏丸)

★皆さんの楽器を紹介させてください

「俺の楽器・私の愛機」コーナーでは、皆さんご自慢の楽器を募集しています。BARKS楽器人編集部までガンガンお寄せください。編集部のコメントとともにご紹介させていただきますので、以下の要素をお待ちしております。

(1)投稿タイトル
 (例)必死にバイトしてやっと買った憧れのジャガー
 (例)絵を書いたら世界一かわいくなったカリンバ
(2)楽器名(ブランド・モデル名)
 (例)トラヴィス・ビーン TB-1000
 (例)自作タンバリン 手作り3号
(3)お名前 所在 年齢
 (例)練習嫌いさん 静岡県 21歳
 (例)山田太郎さん 北区赤羽市 X歳
(4)説明・自慢トーク
 ※文章量問いません。エピソード/こだわり/自慢ポイントなど、何でも構いません。パッションあふれる投稿をお待ちしております。
(5)写真
 ※最大5枚まで

●応募フォーム:https://forms.gle/XX72yo6Ph3BwqQHE9

◆【俺の楽器・私の愛機】まとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報