ジョン・バティステ、グラミー賞ノミネート7曲を網羅したコンピレーションをリリース

ツイート

photo by David Needleman

ジョン・バティステのコンピレーション・アルバム『Jon Batiste: The Nominated Collection』が配信リリースされた。

日本時間4月4日(月)にラスベガスで開かれた第64回グラミー賞授賞式で、史上3位の11部門ノミネート、そして「アルバム・オブ・ザ・イヤー」を含む最多5部門を受賞という快挙を成し遂げたジョン・バティステ。そんなジョンの今回ノミネートされた楽曲7曲を網羅したコンピレーション・アルバムが、今作『Jon Batiste: The Nominated Collection』だ。アルバム・オブ・ザ・イヤーを獲得した『ウィー・アー』と、『ソウルフル・ワールド オリジナル・サウンドトラック』から厳選した7曲を収録している。ジャズ、クラシック、R&B、ソウルなどあらゆるジャンルを横断する稀有な才能を存分に感じ取ることが出来る1枚だ。

また、「ベスト・ミュージック・ビデオ」を受賞した楽曲「フリーダム」のメイキング動画「Jon Batiste - The Making of 'Freedom' (Vevo Footnotes)」も公開されてきる。



動画の中で、ジョンはこの曲について「この曲は7月4日の独立記念日に書いたんだ。まずタイトルを先に決め、その後は自然と曲が出来ていったんだ。歌詞は、普遍的な意味での自由を思い描いたものになっている」とコメントしている。また、同曲のミュージック・ビデオについては、「これは、縛られていたものを解き放ち、感謝と賛美の気持ちを込めて腕を上げるという発想から生まれたものなんだ。僕はニューオーリンズのセント・オーグスティン高校に通っていたけれど、そこは歴史的なマーチング・バンドでとても大切な学校だ。そのマーチング・バンドはビデオにも出演していて、高校時代を思い出したよ。撮影の合間には音楽が流れ、ダンサーがトランプをして遊んだり、ミュージシャンがホーンでリフを吹き鳴らしたり、古き良きブラック・クックアウトのような雰囲気があったね」と語っている。



ジョン・バティステ『Jon Batiste: The Nominated Collection』


配信中
https://jon-batiste.lnk.to/TheNominatedCollectionPR

【収録曲】
フリーダム
イッツ・オールライト
アイ・ニード・ユー
クライ
ムーヴメント 11’
ビガー・ザン・アス
ボーン・トゥ・プレイ

この記事をツイート

この記事の関連情報