Hayato Hioki(EASTOKLAB)、実在する廃村をモチーフに製作した新ALから「Cave In」先行配信

ツイート

EASTOKLABのボーカル&シンセサイザーを務めるHayato Hiokiが、実在する廃村をモチーフに製作したコンセプチュアルアルバム『Lost Village』を4月27日にリリースする。これに先駆け、収録曲「Cave In」の先行配信がスタートした。

本作曲はサンプリングしたボイストラックと、アタックの強いキック・スネアを主体としたトランステクノ。落ち着いたコード進行とアッパーなビートとのアンマッチな質感が、夜のドライブや明け方のクラブなどのシチュエーションに似合うサウンドとなっている。

また、アルバム『Lost Village』についてHayato Hiokiからのコメントも到着した。

   ◆   ◆   ◆

■コメント

自然の空気を求めて山を越えたときのこと。

細い道を抜けて、誰もいない廃村へと辿り着いた。誰一人いないのに、川には橋がかかり、屋根の落ちた家々が点在し、割れた窓を覗けば、家具や家電がそのまま残っている。

かつてそこに人が暮らしていた確かな痕跡。そして戻ることのないであろう生活。その不思議で美しい空気に魅了されてしまった。

生活も場所も空気も変わっていく。失われたものたちを忘れないようにと音楽を作った。

- Hayato Hioki

   ◆   ◆   ◆

リリース情報

■「Cave In」先行配信
https://hayatohioki.lnk.to/LostVillage

■Digital Album『Lost Village』
2022年4月27日(水)配信スタート
UKDZ-0228 ¥1,222
01. Blessing
02. Harvest ※3/30先行配信
03. Upheaval
04. To Leave
05. Cave In ※4/13先行配信
06. Red Rust
07. Void
08. No Signal


この記事をツイート

この記事の関連情報