カート・コバーンが「Smells Like Teen Spirit」のMVでプレイしたギターがオークションに

ツイート
Photo: Chris Cuffaro

カート・コバーンがニルヴァーナの名作「Smells Like Teen Spirit」(1991年)のミュージック・ビデオでプレイしていたギターが、オークションに出品される。

◆ニルヴァーナ画像

オークションを開催するJulien's Auctionsによると、このブルーの1969年製Fender Mustangはカートのお気に入りのギターの1本だったという。1994年にコバーンが亡くなって以降、家族が所有しており、この12年間はシアトルのMuseum of Pop Cultureに展示するため貸し出されていた。オリジナル・ケースとストラップが付く。

80万ドル(約1億円)の値をつける可能性もあると予想されている。

オークションは5月20~22日、ニューヨークのHard Rock Cafeで開催され、オンラインでの入札も受け付ける。カート・コバーンにまつわる品では、彼の愛車だった1965年製ダッジ・ダート、マイケル・ジャクソンを描いたイラスト(オリジナル)、「Smells Like Teen Spirit」のミュージック・ビデオで着用していたストライプのトップのNFT(妹キムのナレーション入り)なども出品される。






Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報