BURNABLE/UNBURNABLE、自身初の東阪ツアー今夏開催+「このままどこか」ライブ映像公開

ツイート

BURNABLE/UNBURNABLEが今夏、自身初の東阪ライブツアー<BURNABLE VS UNBURNABLE>を開催することが発表となった。

◆BURNABLE/UNBURNABLE 動画 / 画像

<BURNABLE VS UNBURNABLE>はワンマンライブではあるものの、セットリストを“BURNABLE”サイドと“UNBURNABLE”サイドに分け、"BURNABLEとUNBURNABLEの対バン" という形式で開催されるものだ。衣装も両バンドでは異なるなど、本当の対バン演出で行われる予定だ。

その詳細は、先ごろ行われた自身初の有観客ライブ<FUNERAL ver.0.0.0 by BURNABLE/UNBURNABLE>同様、参加者のみが知ることができるというクローズドなもの。前回同様にドレスコードを設けるほか、来場者が帰宅してからも思い出せるような手土産を配布するとのこと。BURNABLE/UNBURNABLEは自身のライブを<FUNERAL(葬式)>と題し、今後も継続的に自主企画ライブを行っていく予定だ。

なお、デビュー曲「このままどこか」LIVE ver. 映像がオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開となっている。

■東阪ライブツアー<BURNABLE VS UNBURNABLE>

7月24日(日) 大阪・心斎橋Pangea
open18:00 / start19:00
8月07日(日) 東京・渋谷TOKIO×TOKYO
open18:00 / start19:00





■デジタルリリース「灰になって空に舞う」

2022年4月9日(土) リリース
Label:DOPE Distribution:NexTone
https://nex-tone.link/AshintheSky
▼収録楽曲
01.灰になって空に舞う

【re:caco (Vo)コメント】
 約1年間発表を待っていたこの曲を、やっと世に出すことができました。こうして春にリリース出来た事を、とても嬉しく思います。私の個人的な想いが沢山詰まったこの曲を多くの方が大切にして下さったら、私はとても幸せです。
 この曲は私の亡き母に向けて描いた曲です。完成した時はとても感動して泣いてしまったのを覚えています。
 たくさんの後悔と反省と、「伝えたいことなんて一つも伝えられていないからなんで私は生きているんだろう?」とか、「生きる価値なんてないよな」と自ら死を選ぶようなことも考えたけど、母は私の中で永遠に生き続けているんだな、と少し前向きになれた今の私だからこそ、意味のある曲になっていると思います。そんな感情も哀しい記憶も、大切な私の心の宝石箱に大事に仕舞ってこれからも生きていたい。皆様もどうか、私たちと一緒に生きてください。



この記事をツイート

この記事の関連情報