【インタビュー】SARD UNDERGROUND、『名探偵コナン』エンディング曲に「私の芯の部分を見てほしいという気持ち」

ツイート

SARD UNDERGROUNDが5月18日、4thシングルCD「空っぽの心」をリリースすることに加え、明日4月17日より表題曲が先行配信スタートとなる。2022年に入ってもSARD UNDERGROUNDの活動は精力的だ。2月には神野友亜(Vo)がZARD30周年念ライブにコーラス参加したほか、同月にはトリビュートアルバム第三弾となる『ZARD tribute III』をリリース。さらに3月、<[Cheers!]ツアー>よりZepp Tokyo公演を収録したLIVE Blu-ray をリリースするなど勢いが止まらない。その勢いのままリリースされる新作が「空っぽの心」となる。

◆SARD UNDERGROUND 画像

およそ2年の時を経て、『名探偵コナン』エンディングのバトンは再び彼女たちに託された。新世代・ZARDトリビュートバンドSARD UNDERGROUNDの新曲「空っぽの心」は、『名探偵コナン』エンディングテーマとして4月16日よりオンエアスタート。坂井泉水の未公開詞に曲を付けた「少しずつ 少しづつ」から2年ぶりの起用になるが、その間に得た様々な経験と成長をすべて詰め込んだ、大注目の1曲に仕上がっている。しかも3種類のCDパッケージのカップリングには、『名探偵コナン』に関わりの深いZARDのカバー曲など3曲をそれぞれ収録。新しい目標に向かって走り続ける3人の現在位置を、自然体の言葉で確かめてほしい。

   ◆   ◆   ◆

■オリジナル曲で『コナン』のテーマ!?
■夢のようでうれしかったです

──現在は3月から5月末まで続く『「空っぽの心」リリース記念イベント』の真っ最中です。27本もあって、ほとんど全国ツアーと言ってもいいぐらいの規模ですけど、久しぶりのお客さんとの対面イベント、どんな手ごたえですか?

杉岡:コロナ禍の影響で2年ぶりとなりまして。久しぶり過ぎて、感覚を忘れていたので、めっちゃ緊張しました。

坂本:初日は特に緊張しましたね。

神野:リハーサルの時から、体が震えてるなと思っていました。お客さんとの距離がすごく近くて。しかもインストアなので、みなさんのお買いもの中にお邪魔するということで、“大丈夫かな?”みたいな(笑)。でも、いつも応援してくださっているみなさんから、直接言葉を聞けるのはすごくありがたいし、うれしかったですね。ファンの方の顔を覚えていて、「あ、お久しぶりです」みたいなこともあって。

──ファンの顔を覚えている? それはすごくうれしいかも。

坂本:けっこう、覚えているんですよ。

神野:「2年前も来てくれましたよね」って。それもすごくうれしかったです。

坂本:私も友亜ちゃんと一緒で、ファンの方と直接お会いできるのがすごくうれしくて。Twitterなどでいただくコメントと、直接言葉をいただくのとでは、やっぱり感覚が違っていて、すごく温かい気持ちになりました。小さい子が来てくれて、「『コナン』見てるよ」って言ってくれたりとか。

神野:可愛かった!

杉岡:あと、「オリジナル曲、大好きです」と言ってくれる人もいて。“うれしい~”と思いました。

神野:あれはうれしかったですね。

杉岡:“もっとたくさんの人に聴いてもらいたいな”って、さらに思いましたね。“みんな、足止めて~” “待って~”って、すごく思いました。

──あー、インストアの、ステージの前を通り過ぎてゆく人に対して(笑)。

神野:目で訴えてました(笑)。

杉岡:そう。“こんにちは~。止まってください~”って。その感覚が久しぶりだったので、“やるぞ!”って、さらに思える経験でした。

──このあとも、『「空っぽの心」リリース記念イベント』は続くので、お近くのみなさんは、ぜひ。

神野:私たちのほうから出かけていくので、“ライブは遠くて行けない”とか、“今、大変な状況の中で行けない”という方も、近くだったら来れるのかな?と思うので、なかなか会えない人に会えたらうれしいなと思っています。そして、「空っぽの心」を全力で届けたいと思います。

──いまステージで演奏している曲は、「空っぽの心」と?

神野:あとはZARDさんの曲だったり、オリジナル曲だったり、いろんなセットリストでやっています。インストアイベントですけど、私たちはライブのつもりでやっているので、ぜひ会いに来てほしいです。

──みなさんお楽しみに。そして、その「空っぽの心」が、いよいよリリースされますね。

神野:はい。ありがたいです。前回の「少しづつ 少しづつ」から、『名探偵コナン』のテーマはちょうど2年ですね。そのリリースイベントの時から、コロナであまり動けなくなったんですね。

──そう考えると、感慨深いものがあります。神野さんは、久々に『名探偵コナン』の曲を担当すると聞いた時は、どんな気持ちでした?

神野:“まさか、オリジナル曲で?”と思いました。「少しづつ 少しづつ」もオリジナル曲なんですけど、坂井泉水さんの歌詞があったので、“私の歌詞で、私たちの楽曲で”ということが夢のようで、うれしかったです。

坂本:本当に夢のようで、家に一人でいる時に、“今見ているアニメのあとに私たちの曲が流れるんだ”と思うと、すごく不思議な気持ちになりますね。

神野:ろみ(ひろ美)さん、『名探偵コナン』が大好きなので。

坂本:だから、すごくうれしかったです。

杉岡:私も、“私たちの曲でやっていいんですか?”と思って、びっくりしちゃいました。ZARDさんのお力を借りながらここまでやってきた部分が大きいだけに、“えっ!”という驚きですよね。それと、単純にうれしいなということと、私たちのオリジナル曲も知ってもらいたいという気持ちと、両方ありますね。

──この曲、かなり激しいですよね。アップテンポで、グイグイ飛ばす感じ。これだけ速くて激しいリズムの曲は、今まであんまりなかった気がする。

杉岡:最初に“カッコいい!”と思って、“でもテンポ速い!”ってなりました(笑)。

神野:初めて聴いた時、めっちゃテンション上がりました。しかも作曲が小澤正澄さんで、ZARDさんの「愛が見えない」という、私がめっちゃ好きな曲を書いた方なので、“うれしい!”と思いました。

杉岡:この曲は、コーラスもやらせていただいたんですけど。ところどころで入ったり抜けたりがけっこう多めだったので、難しかった。

坂本:難しかったです。テンポも速かったし。

杉岡:カッコいいけど、忙しい曲だなと思いました(笑)。

神野:ベースとか見てると、指がすごいことになってます。

杉岡:一生懸命、集中して弾いてて、“あれ、もう終わるの?”という感じです。でも、やりがいのある曲です。ライブでやったら、きっと盛り上がりますね。

──リズムのストップ&ゴーが多い曲だから、ハマればすごく気持ちいいと思いますね。プレイヤーも、お客さんも。

神野:その、ハマった状態の音源をみなさんに聴いてもらうわけなので、みなさんもハマってくれるんじゃないかな?と思ってます。

杉岡:イベントで演奏すると、みなさん「めっちゃいいです」ってすごく言ってくださるので、うれしいです。

◆インタビュー【2】へ
この記事をツイート

この記事の関連情報