YOSHIKI、「SDGsが求められる時代に音楽で多くの方の背中を押さなくてはいけない」

ツイート

YOSHIKIが4月15日、「17LIVE」にて配信された“持続可能な社会や SDGs に音楽が貢献できること”を 考える特別番組『みんなの音楽 with YOSHIKI』に出演した。

◆番組画像

番組ではYOSHIKIとメディアアーティストの落合陽一による初の対談が実施されたほか、音楽に関係する企業が行っているSDGsへの取り組み紹介や「17LIVE」ライバーとのトークコーナーなどが行われた。MCは音楽ライター・ジョー横溝と、三原勇希が務めた。


落合陽一が取り組む、視覚障害者に向けた日本フィルハーモニー交響楽団とのプロジェクト「耳で聴かない音楽会」についてYOSHIKIは「耳が聞こえない方がコンサートに良く来られるんです。人間は耳で聞こえない周波を体で感じていて、この取り組みは理にかなっている」と強く共感。落合からの「農耕時代以前の人たちはどんな音楽を奏でていたと想像しますか?」という問いには、YOSHIKIは「僕は本能派なんです。今も本能で突っ切るタイプですね」と答え、落合は「今後は、本能以外のことはコンピューターがやってくれるわけですから、本能が重要な時代になりますよ」と独自の視点の未来を語った。


また、YOSHIKIが「アーティストとリスナーの関りはブロックチェーンが変えていくと思う」と語ると、落合さんは 「音楽とブロックチェーン、NFT は相性がいい」と語り、アーティストとリスナーが直接繋がり、権利を公平に守っていくことが新たな価値を生み、人々が豊かになる可能性を示唆するなど、音楽の未来について熱く深いトークが行われた。

番組後半では音楽やパフォーマンスで活躍する「17LIVE」ライバー、鈴木龍二Martin、三浦剛sign18、ユウナuunaの活動を紹介。鈴木龍二MartinはドラムとラップでX JAPAN「紅」を織り交ぜたアレンジ曲をパフォーマンス。YOSHIKIからは「情報量がありすぎて、コメントが追いつかない。負けた(笑)」とのコメントも。

俳優兼手話パフォーマーの三浦剛は、X JAPANの「Say Anything」を手話で表現。楽曲の歌詞に絡めて、聴覚に障害を抱える妻とのエピソードも披露すると、YOSHIKIが思わず涙ぐんでしまう場面もあった。


番組を振り返った落合は「グルーブ感がある番組でとても楽しかった。まだ無限に話せますね」と語り、YOSHIKIは「音楽は常に進化し、どんな環境にあっても音楽と人は関わっている。だからこそ常にアンテナを張り続け、SDGsが求められる時代に音楽で多くの方の背中を押さなくてはいけないと感じた」と語り、持続可能な社会や SDGs における音楽の重要性を強調した。

(c)17LIVE
この記事をツイート

この記事の関連情報