シャキーラ、ラウ・アレハンドロと初タッグでコラボ曲「Te Felicito」リリース

ツイート


シャキーラが、ラテン界の新鋭スター=ラウ・アレハンドロと初タッグを組み、最新コラボ曲「Te Felicito」をミュージック・ビデオとともに本日4月22日(金)に発表した。

◆「Te Felicito」MV

2021年夏に発表したEDMナンバー「Don’t Wait Up」以来となる今作は、エレクトロ・ファンク・レゲトントラックで、シャキーラの力強い歌声と、ラウの切ない歌声が交差する。タイトルは日本語で「おめでとう」を意味し、「あなたが大丈夫だって知ってる、あなたが嘘をついたことも。あなたがどれだけ上手く演技できたかお祝いしてあげるわ」と別れた相手に対して皮肉たっぷりなメッセージを送った内容だ。

そのミュージック・ビデオは、これまでも数々のシャキーラの作品を手掛けてきたJaume de la Iguanaが監督しており、バルセロナにて撮影された。ビデオ内には、シャキーラが理想とする男性像としてロボットが登場し、その後ロボットは意思を持った人間=ラウ・アレハンドロの姿になり、シャキーラとラウでロボットダンスを踊る。



シャキーラは、現在新しいアルバムに向けてスタジオ・レコーディング中だが、今年からNBCのダンス・コンペティション番組「Dancing With Myself」のエグゼクティブ・プロデューサーを務め、ニック・ジョナスらと審査員を担当し、5月31日に初回放送されることが決まっている。また、ラウ・アレハンドロは現在最新EP『Trap Cake,Vol.2』のプロモーション中。さらに4月24日にはワールド・ツアー2022のファイナルを迎え、5月15日に開催されるビルボード・ミュージック・アワードにて4部門ノミネートされるなど、今最も目が離せない存在のひとり。

最新シングル「Te Felicito」


2022年4月22日(金)配信
再生・ダウンロードリンク: https://smji.lnk.to/TeFelicito

この記事をツイート

この記事の関連情報