ドリカムの歌詩の“推しフレーズ”を募集する「歌ネット」コラボキャンペーン開催

ツイート
(C)DCT entertainment, Inc.

DREAMS COME TRUEの全国ツアー<DREAMS COME TRUE ACOUSTIC風味LIVE 総仕上げの夕べ 2021/2022 〜仕上がりがよろしいようで〜>がツアーファイナルを迎えたことを記念して、歌詞検索サービス「歌ネット」とのコラボレーションキャンペーンが実施される。

このキャンペーンでは、<DREAMS COME TRUE ACOUSTIC風味LIVE 総仕上げの夕べ 2021/2022 〜仕上がりがよろしいようで〜>のセットリストに含まれる楽曲から「あなたの心に突き刺さった、あなたがみんなに推したい“歌詩”のワンフレーズ」を募集する。ツアーに参加したファンはもちろん、留守番組でも誰でも参加可能とのことだ。

特設サイトには中村正人からのコメントに加えて、ツアーメンバーのJUON(G,Backing Vocal)、武藤良明(G)、本間将人(Pf,Sax)、DJ MASS(Turntable,Sampler)、上甲敬太(ComputerProgramming)、パフォーマーのAKS(SHIGE、INO-D)が選んだ“推しフレーズ”がそれぞれのコメントと共に掲載されている。

   ◆   ◆   ◆

■DREAMS COME TRUE 中村正人 コメント

ドリカムが歌詞を”歌詩"と表すのは、出会った時から吉田美和が主張する「私の歌詞は歌うために書く”詩"でありメロディーと一緒に表現してこそ成立する。”歌詩"とメロディーは切り離せない」という理由からだ。しかし私はここにトリックが隠されていることに気づく。「禁断のメロディー外し」を施して吉田美和の”歌詩"を読んだ時、そこに現れるのは、何層にも深く深く意味を持つ、我々の心に直接触れ、時には涙を拭い癒し、時には奮い立たせ、時には人生をも左右してしまうような圧倒的な言葉の宝庫なのだ。歌詞に重きを置く「歌ネット」とのコラボは、ドリカムを好き嫌いに関わらず、吉田美和の”歌詩"がこれだけ長く多くの人々に愛される秘密を探るきっかけになるかもしれない。

   ◆   ◆   ◆

なお、DREAMS COME TRUEは4月25日20時に新曲「UP ON THE GREEN HILL from Sonic the Hedgehog Green Hill Zone」を配信リリースする。公式YouTubeチャンネルではリリースと同時にミュージックビデオもプレミア公開される予定となっている。

<DREAMS COME TRUE×歌ネット コラボレーション・キャンペーン>

応募期間:2022年4月25日(月)18:00〜5月20日(金)18:00
特設サイト:https://ps.uta-net.com/ldwh
※PC、スマホ共通

「UP ON THE GREEN HILL from Sonic the Hedgehog Green Hill Zone」

2022年4月25日(月)20:00〜配信開始
https://dreamscometrue.lnk.to/up_on_the_green_hill_dct

「UP ON THE GREEN HILL from Sonic the Hedgehog Green Hill Zone」ミュージックビデオ

2022年4月25日(月)20:00公開
https://youtu.be/FGWQzgOXFAo

「UP ON THE GREEN HILL from Sonic the Hedgehog Green Hill Zone - MASADO and MIWASCO Version -」

2022年4月7日(木)0:00配信開始
https://dreamscometrue.lnk.to/up_on_the_green_hill_mm

「羽を持つ恋人 - On Air Version -」

2022年4月4日(月)配信開始
https://dreamscometrue.lnk.to/hanewo_motsu_koibito_on_air

この記事をツイート

この記事の関連情報