大滝詠一、「夢で逢えたら」が映画『ぜんぶ、ボクのせい』エンディング・テーマに

ツイート


大滝詠一、佐野元春、杉真理によって1981年に発表された楽曲「A面で恋をして」と、大滝詠一の楽曲「夢で逢えたら」の2タイトルが、2022年8月3日に7インチレコードとして同時発売されることが決定した。

「A面で恋をして」は、40年前の1982年3月21日にリリースされたアルバム『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』にも収録されたNIAGARA TRIANGLE名義のシングル曲。発売40周年を記念して2022年3月21日に発売された『NIAGARA TRIANGLE Vol.2 40th Anniversary Edition』からのリカットという形で、7インチレコードとしてシングルバージョンがリリースされる。カップリング曲は、同時期にラジオ特番でのみお披露目された金沢明子の「イエローサブマリン音頭」の別バージョン(特別編)ならぬ、「イエローサブマリン音頭(特別変)」。この組み合わせは大滝本人も妄想したことがあるそうで、遊び心に溢れたレア・アイテムが実現する。

「夢で逢えたら」は大滝詠一が、“大瀧詠一”名義で作詞・作曲した楽曲で、数多くのカバーバージョンが存在するスタンダードナンバー。この度、制作サイドからの強い要望を受けて、映画『ぜんぶ、ボクのせい』のエンディング・テーマとして本人歌唱のバージョンが起用されることも決定。映画のラストに彩りを添える重要なファクターとなっているということだ。2022年8月11日(木・祝)より新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開される『ぜんぶ、ボクのせい』は、松本優作監督がオリジナル脚本で満を持して挑む商業映画デビュー作。オダギリジョーが出演するなど注目を集めている。また、本作のカップリングには、『麒麟 発酵レモンサワー』のCMソングに起用されているアルバム『A LONG VACATION』からの人気曲「FUN×4」を収録する。

各作品のジャケットアートワークなどは今後発表される予定だ。

リリース情報

■7インチ・アナログレコード「A面で恋をして」
2022年8月2日(水)発売
(収録曲)
A-1. A面で恋をして/NIAGARA TRIANGLE
B-1. イエローサブマリン音頭(特別変)/金沢明子
国内最高峰のSony Music Studios Tokyoによる2022年版最新カッティング
品番:SRKL-3051
価格:¥1,800 +税
完全生産限定盤
(予約・購入はこちらから)
https://smr.lnk.to/buJlS1

■7インチ・アナログレコード「夢で逢えたら」
2022年8月2日(水)発売
(収録曲)
A-1. 夢で逢えたら/大滝詠一
B-1. FUN×4/大滝詠一
国内最高峰のSony Music Studios Tokyoによる2022年版最新カッティング
品番:SRKL-3052
価格:¥1,800 +税
完全生産限定盤/透明盤仕様
※「夢で逢えたら」:映画『ぜんぶ、ボクのせい』 エンディング・テーマ
(予約購入はこちらから)
https://smr.lnk.to/M1DTO1

<予約・購入特典>
全国共通特典:オリジナルジャケットデザイン・ステッカー
Amazon.co.jp:メガジャケ

※「A面で恋をして」と「夢で逢えたら」の特典の絵柄は異なります。
※特典は数に限りがありますので、無くなり次第終了となります。あらかじめご了承ください。
※特典絵柄は追ってご案内いたします。
※各オンラインショップに関して、カートが公開されるまでに時間がかかる場合がございますので、予めご了承ください。
※Amazon.co.jp、その他一部オンラインショップでは”特典対象商品ページ”と ”特典非対称商品ページ”がございます。
ご予約の際にご希望される商品ページかをご確認いただいてからご予約いただきますよう、お願い申し上げます。

映画『ぜんぶ、ボクのせい』

公開日:2022年8月11日(木・祝)より新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開
出演:白鳥晴都 川島鈴遥 / オダギリジョー
製作:スタイルジャム、クロックワークス、ビターズ・エンド、グラスゴー15、ミッドシップ、コンテンツ・ポテンシャル
制作プロダクション:スタイルジャム
配給:ビターズ・エンド
宣伝:ミラクルヴォイス
公式Twitter: @bokunosei0811  https://twitter.com/bokunosei0811
©️ 2022『ぜんぶ、ボクのせい』製作委員会 

STORY
児童養護施設で母の迎えを待ちながら暮らす優太(白鳥晴都)。ある日、偶然母の居場所を知った優太は、会いたい一心で施設を抜け出した。しかし、そこにいたのは同居する男に依存し自堕落な生活を送っている母だった。絶望した優太は、当てもなく海辺を歩いていると、軽トラで暮らすホームレスの男・坂本(オダギリジョー)に出会う。何も聞かず自分を受け入れてくれる坂本。二人はわずかな金銭を稼ぎながら寝食をともにする。
裕福な家庭に育つも、家にも学校にも居場所がない少女・詩織(川島鈴遥)とも顔見知りになる。優太は、自分と同じ寂しさを抱えながらも心優しい詩織に惹かれていく。
しかしそんな穏やかな日々もある事件によって終わりを告げる―

この記事をツイート

この記事の関連情報