エディ・ヴェダー、アースデイに宇宙ステーションにいる宇宙飛行士たちと対談

ツイート
Photo by Danny Clinch

2月にソロ・アルバム『Earthling』をリリースしたパール・ジャムのエディ・ヴェダー(Vo)が、地球環境について考え、行動する「アースデイ」(4月22日)を祝し、国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士たちと対談した。

◆エディ・ヴェダー動画、画像

「地球にいる僕らへの教訓は?」とのヴェダーからの質問に、NASAの宇宙飛行士Raja Chari氏は、「僕らが学んだことの1つは、ここには境界線などないってことだ。自分達が地球のどの辺りを見下ろしているのか認識するのは、実のところ、驚くほど大変なんだ。陸と海だらけで、はっきりとした線があるわけじゃない。だから、僕らはみんな、地球という1つの惑星で一致団結しているんだって素晴らしいことを僕らに思い出させてくれる」と答え、ヴェダーはそれに激しく同意していた。

別の宇宙飛行士は、レインフォレストの減少や洪水など、気候変動の影響が見られると話した。

子供のとき宇宙飛行士になりたかったというヴェダーは、短い時間ながら、この対談に感銘を受けたという。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報