野宮真貴、レコード4社からの10作品を世界一斉同時配信

ツイート


野宮真貴のキャリアを彩る10作品が、5月25日(水)に世界一斉同時配信されることが決定した。

デビュー40周年を記念し、これまでの音楽活動で出会ったミュージシャンたちと創り出したニューアルバム『New Beautiful』のCDパッケージを4月20日に発売したばかりの野宮真貴。今度は5月25日(水)に最新作『New Beautiful』のアナログ盤と配信リリースにあわせ、これまで所属してきたレコード会社4社が野宮の40周年を祝福するべく、そのキャリアから10作品約80曲を配信する。

そして今夜4月29日からは、ビルボードライブ東京にて<野宮真貴 40th Anniversary Live>2Daysが開催される。本日29日(金・祝)は横山剣(クレイジーケンバンド)をゲストに迎えてのステージ模様を完全生ライブ配信する。(チケット発売中/5月6日までアーカイブ視聴可)


リリース情報/配信ラインナップ

■ビクターエンタテインメント/SPEEDSTAR RECORDS
〇デビュー40周年記念 New Album『New Beautiful』
現在好評発売中のデビュー40周年記念ニューアルバム『New Beautiful』の全曲配信およびアナログ盤発売!
鈴木慶一、佐藤奈々子、小西康陽、高浪慶太郎、カジヒデキ、横山剣(クレイジーケンバンド)、鈴木雅之、松尾レミ(グリムスパンキー)という野宮の40年のキャリアを支えたミュージシャンが参加。そしてNight Tempo、プム・ヴィプリット、レイニッチ&evening cinemaらのSNS界で話題の海外の新世代のミュージシャンとのコラボまで、幅広い表現を追求した「最新型」の野宮真貴のニューアルバム。
「ニューウエイヴのアイドル」としてデビューし、「渋谷系の女王」となり、さらには「オルタナティブ・ポップスの女王」へと飛躍した野宮真貴の40周年を寿ぐ『New Beautiful』をサブスク配信とアナログ盤で楽しみたい。

▼2022年4月20日(水)CD 発売
<初回限定盤:CD+Blu-ray+ブックレット> VIZL-2055 ¥8,030(税込) 
購入URL https://www.jvcmusic.co.jp/-/Linkall/VIZL-2055.html

<通常盤:CD> VICL-65698 ¥3,300(税込)
購入URL https://www.jvcmusic.co.jp/-/Linkall/VICL-65698.html

▼2022年5月25日(水)Digital Album Release
≪IGTプレオーダー≫及び≪Apple Music:Pre-Add/Spotify:Pre-Save≫はこちら
https://jvcmusic.lnk.to/NewBeautiful
iTunes Store ほか主要配信サイト、音楽ストリーミングサービスにて配信予定
※音楽ストリーミングサービス:Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、TOWER RECORDS MUSIC、Spotify、YouTube Music

▼2022年5月25日(水)アナログ盤 発売
<アナログ:LP> VIJL-60279 ¥4,950(税込)
※収録内容:CD通常盤同様、全10曲を収録
購入URL https://www.jvcmusic.co.jp/-/Linkall/VIJL-60279.html
※上記はVICTOR ONLINE STORE/TOWER RECORDS ONLINE/HMV&BOOKS online/Amazon.co.jp/楽天ブックスのALL LINKになっております。

【CD 収録内容】
1「東京は夜の七時(feat. Night Tempo)」 作詞・作曲:小西康陽 編曲:Night Tempo
2「陽の当たる大通り (feat. Phum Viphurit)」 作詞・作曲:小西康陽 編曲:Phum Viphurit
3「スウィート・ソウル・レヴュー(duet with Rainych, feat. evening cinema)」 作詞・作曲:小西康陽 編曲:evening cinema
4「CANDY MOON」 作詞・作曲・プロデュース:松尾レミ 編曲:GLIM SPANKY 
5「おないどし」 作詞・作曲・プロデュース:横山剣 編曲:CK, Nossan, Wakaba & Park
6「大人の恋、もしくは恋のエチュード」作詞:カジヒデキ 作曲・プロデュース:高浪慶太郎 編曲:高浪慶太郎&森山輝一
7「Portable Love」 作詞:野宮真貴 作曲・編曲・プロデュース:ポータブル・ロック
8「美しい鏡」 作詞:佐藤奈々子 作曲・編曲・プロデュース:鈴木慶一
9「夢で逢えたら (duet with 鈴木雅之)」from『野宮真貴、還暦に歌う。』ライブ 作詞・作曲:大瀧詠一 編曲:スパム春日井
10「サンキュー」from『野宮真貴×矢舟テツロー ~うた、ピアノ、ベース、ドラムス』ライブ
作詞・作曲:小西康陽 編曲:矢舟テツロー 演奏:矢舟テツロー・トリオ

【初回限定盤 付属Blu-ray 収録内容】
<『野宮真貴、還暦に歌う。』華麗なるダイジェスト>
01 スウィート・ソウル・レヴュー 02 東京は夜の七時 03 中央フリーウェイ (作詞作曲:荒井由実) ©1976 by ALFA MUSIC, INC.
04 三月生まれ 05 T字路 (ゲスト: 横山 剣) 06 渋谷で5時 (ゲスト: 鈴木雅之) 07 Twiggy Twiggy 08 陽の当たる大通り
<MUSIC VIDEO>
東京は夜の七時 (feat. Night Tempo)  
陽の当たる大通り (feat. Phum Viphurit) 
スウィート・ソウル・レヴュー (duet with Rainych, feat. evening cinema)

【SPECIAL BOOK】
「nomiya maki unseen --40th anniversary photo book--」

■徳間ジャパンコミュニケーションズ
〇ポータブルロック結成40周年記念アルバム『PAST & FUTURE ~My Favorite Portable Rock』発売に伴い、過去の2アルバム併せ、一挙同時配信決定!
'80sニュー・ウェーヴ・サウンドの伝説的先駆者、ポータブル・ロックの結成40周年記念アルバム、発売決定!
本作は、ポータブル・ロック結成40周年を記念して、過去のアルバムとシングルから12曲を厳選してリマスタリング、さらには30余年ぶりとなる新曲2曲を収録した、ポータブル・ロックの過去と現在そして未来への予見を凝縮した内容となる。後にピチカート・ファイヴでブレイクを果たし「渋谷系の女王」と称される野宮真貴をアイコンとし、'80年代のニュー・ウェーヴ・シーンを彩った伝説的グループのメモリアルな一枚!
同時に過去のオリジナル・アルバム「QT+1」、「Dance Volunteer」も初配信決定!

〇『PAST & FUTURE ~My Favorite Portable Rock』 PORTABLE ROCK
≪IGTプレオーダー≫及び≪Apple Music:Pre-Add/Spotify:Pre-Save≫はこちら
https://tjc.lnk.to/PatsFuture

▼2022年5月25日(水)CD 発売
TKCA-75049 ¥2,800(税抜2,545)
購入URL https://www.crowntokuma-shop.com/

▼2022年5月25日(水)Digital Album Release!

【収録曲】
1 グリーン・ブックス 作詞:高橋修 作曲:鈴木智文 編曲:ポータブル・ロック 
2 クリケット 作詞:太田螢一 作曲:中原信雄 編曲:ポータブル・ロック
3 TuTu 作詞:鈴木博文 作曲:鈴木智文 編曲:ポータブル・ロック 
4 CINEMIC LOVE 作詞:太田螢一高橋修 作曲:中原信雄 編曲:ポータブル・ロック 
5アイドル 作詞:佐伯健三 作曲:中原信雄 編曲:ポータブル・ロック 
6 夏の日々ル 作詞:高橋修 作曲:鈴木智文 編曲:ポータブル・ロック 
7 春して、恋して、見つめて、キスして 作詞:鈴木さえ子・鈴木慶一 作曲:鈴木さえ子 編曲:鈴木さえ子8 憂ウツのHOLD ME 作詞:あさくらせいら 作曲:中原信雄 編曲:ポータブル・ロック 
9 ダンス・ボランティア 作詞:蓬田ひろか 作曲:中原信雄 編曲:ポータブル・ロック 
10 裸のベイビー・フェイス 作詞:麻生圭子 作曲:鈴木智文 編曲:ポータブル・ロック 
11 イーディ 作詞:小西康陽 作曲:中原信雄 編曲:ポータブル・ロック 
12 スウィート・ルネッサンス 作詞:小西康陽 作曲:鈴木智文 編曲:ポータブル・ロック 
13 Lonely Girl, Dreaming Girl 作詞:野宮真貴・金津ヒロシ 作曲:中原信雄・鈴木智文 編曲:ポータブル・ロック 
14 チェルシーの午後 作詞:野宮真貴・鈴木智文 作曲:鈴木智文 編曲:ポータブル・ロック 

〇『QT+1』 PORTABLE ROCK
≪IGTプレオーダー≫及び≪Apple Music:Pre-Add/Spotify:Pre-Save≫はこちら
https://tjc.lnk.to/QT1
1985年にリリースされた記念すべきメジャー1stアルバム「QT」に、翌’86年、シングル「春して、恋して、見つめて、キスして」を追加収録し、アルバムジャケットに同シングルの写真を使用して『Q.T+1』として再発売された(いずれも当時はアナログ盤のみ)。1990年にオリジナルジャケットを使用したCD盤、1998年にシングルジャケット版のCD盤が復刻されている。本作は’90年版の作品のデジタルリリースとなる。
▼2022年5月25日(水)Digital Album Release!

【収録曲】
1 CINEMIC LOVE 作詞:高橋修 作曲:中原信雄 編曲:ポータブル・ロック
2 素足の恋人 作詞:鈴木博文 作曲:鈴木智文 編曲:ポータブルロック
3 アイドル 作詞:佐伯健三 作曲:中原信雄 編曲:ポータブルロック
4 Escape From Whisper 作詞:高橋修 作曲:鈴木智文 編曲:ポータブルロック
5 B.B. 作詞:佐伯健三 作曲:中原信雄 編曲:ポータブルロック
6 TuTU 作詞:鈴木博文 作曲:鈴木智文 編曲:ポータブルロック
7 スパイがいっぱい-Everybody is a Spy- 作詞:佐伯健三 作曲:鈴木智文 編曲:ポータブルロック
8 Golem Polka 作詞:太田螢一 作曲:中原信雄 編曲:ポータブルロック
9 Kiss The Fish 作詞:佐伯健三 作曲:中原信雄 編曲:ポータブルロック
10 夏の日々 作詞:高橋修 作曲:鈴木智文 編曲:ポータブルロック
11 春して、恋して、見つめて、キスして 作詞:鈴木さえ子・鈴木慶一 作曲:鈴木さえ子 編曲:鈴木さえ子

『DANCE VOLUNTEER』  PORTABLE ROCK
≪IGTプレオーダー≫及び≪Apple Music:Pre-Add/Spotify:Pre-Save≫はこちら
https://tjc.lnk.to/VOLUNTEER
1987年リリースの2ndアルバム。第1期ポータブル・ロックとしては実質上のラスト・アルバムとなった。
1stで既に確立されていたポータブル・ロックの音楽スタイルを、より進化させた作品となっており、シングル・カットされた曲は無かったものの、キャッチーさとマニアックさが混然一体となった名作である。
▼2022年5月25日(水)Digital Album Release!

【収録曲】
1 憂うつのHOLD ME 作詞:あさくらせいら 作曲:中原信雄 編曲:ポータブル・ロック
2 ダンス・ボランティア 作詞:蓮田ひろか 作曲:中原信雄 編曲:ポータブル・ロック
3 サヨナラは素直にしましょ 作詞:麻生圭子 作曲:鈴木智文 編曲:ポータブル・ロック
4 電話じゃ駄目な 作詞:蓮田ひろか 作曲:鈴木智文 編曲:ポータブル・ロック
5 スムース・トーク 作曲:中原信雄 編曲:ポータブル・ロック
6 裸のベイビー・フェイス 作詞:麻生圭子 作曲:鈴木智文 編曲:ポータブル・ロック
7 寝てなきゃいけない 作詞:戸沢暢美 作曲:鈴木智文 編曲:ポータブル・ロック
8 いじめの構造い 作詞:蓮田ひろか 作曲:中原信雄 編曲:ポータブル・ロック
9 キュートな事情 作詞:あさくらせいら 作曲:中原信雄 編曲:ポータブル・ロック
10 ペーパームーン 作詞:蓮田ひろか 作曲:鈴木智文 編曲:ポータブル・ロック

【ポータブル・ロック/PORTABLE ROCKプロフィール】
1981年にソロデビューをした野宮真貴と、鈴木智文、中原信雄により、1982年に結成されたユニット。New MusikやPrefab Sprout等当時の海外アーティストにも通ずる斬新なサウンド・メイキングと、日本のニュー・ミュージック的要素をブレンドした独自のスタイルで、’80年代の音楽シーンで異彩を放った伝説的グループ。
その後、野宮真貴はピチカート・ファイヴの3代目ヴォーカルとなり、鈴木智文、中原信雄もそれぞれ、プレイヤー、コンポーザー、アレンジャー、プロデューサーとして多くの作品やライヴに参加している。
ポータブル・ロック自体は2006年、2011年には単発的にライヴを行ったものの、グループとしては、’90年代以降実質的には活動休止状態にあったが、野宮の「そういえば、私たちまだ解散してなかったよね」の一言で、この度久々に三人が再集結しスタジオ入りした。

■ジェマティカ・レコーズ(ロードアンドスカイ・グループ)
ピチカート・ファイブ以降2002年から2011年までに発表された未配信楽曲4曲を含む4作品

〇『MAKI-TAKAI NO JETLAG』 野宮真貴&フェルナンダ・タカイ
ロードアンドスカイ音楽出版/大洋レコード 2009年10月20日 TAIYO 0013
2021年ラテン・グラミー賞のノミネーターでもあるブラジルのスーパースターにして、野宮真貴をこよなく愛する“ブラジルの渋谷系“ことフェルナンダ・タカイ(PATOFU)との”デュエット・アルバム”。世界中に広がった渋谷系ムーブメントを象徴する1枚。
▼2022年5月25日(水)Digital Album Release!

【収録曲】
1 Nagoya 作詞:Fernanda Takai/John Ulhoa 日本語詞:野宮真貴 
作曲:FernandaTakai/JohnUlhoa/João Donato
2 ひとりにしてね 作詞:橋本淳 作曲:筒美京平
3 Saudade  作詞・作曲:Fernanda Takai/ Gérson Freire
4メッセージ・ソング 作詞・作曲:小西康陽
5 Kobune Live(O Barquinho)  作詞:onaldo Bôscoli 日本語訳詞:伊藤亮介 作曲:Roberto Menescal

〇『JOY』 野宮真貴
GEMMATIKA Records  2007年3月17日 MINl-0001
音楽とファッションと演劇の融合。野宮真貴の新境地を切り開いたシアトリカル・コンサート「JOY」のサウンド・ドラック。オランダの渋谷系ことリチャード・キャメロンのプロデュース・ワークが光る1枚。世界初配信。
▼2022年5月25日(水)Digital Album Release!

【収録曲】
1 JOY (acid disco mix)  作詞・作曲・編曲:Richard Cameron
2 トゥイギー・トウイギー 作詞・作曲:佐藤奈々子佐藤奈々子 編曲:Richard Cameron

〇『Looker』 野宮真貴
GEMMATIKA Records 2011年7月6日 
シアトリカル・コンサートの第2弾「THE LOOKER」のサウンド・ドラック。ピチカート・ファイヴのアルバムにも参加したTV JESUSの有近真澄が楽曲提供。
▼2022年5月25日(水)Digital Album Release!

【収録曲】
THE LOOKER 作詞・作曲:有近真澄
LOOKER GLITTER 作詞・作曲:有近真澄

〇『Lady Miss Warp』 野宮真貴
GEMMATIKA Records  2002年11月7日RSCM1001 
総合プロデューサー川勝正幸、音楽プロデューサー高野寛によるポスト渋谷系アルバム。
草野正宗(スピッツ)、槇原敬之、和田唱(トライセラトップス)、片寄明人(Great 3)、松田"chabe″岳ニ(ニール&イライザ)、コモエスタ八重樫らが参加したピチカートファイヴの解散後、野宮真貴初のソロ・アルバム。
▼2022年5月25日(水)Digital Album Release!

【収録曲】
1 INTRO「空港にて」作曲:パードン木村
2 さよなら小さな街 作詞・作曲:槇原敬之 編曲:コモエスタ八重樫
3 Never on Sunday 作詞:野宮真貴作曲:草野正宗 編曲:松田"chabe″岳ニ
4 Paraiso 作詞:野宮真貴 作曲・編曲:倉光延行
5 INTERLUDE #1「港にて」作曲:パードン木村
6 上海的旋律 作詞:蓮水香 作曲・編曲:高野寛
7 気分を出してもう一度 作詞:安井かずみ 作曲:加藤和彦 編曲:CRAZY KEN BAND
8 ワイキキ66 作詞:片寄明人 作曲・編曲:倉光延行
9 INTERLUDE #2「高速道路にて」作曲:パードン木村
10 YOU ARE MY STAR 作詞・作曲:和田唱 編曲:TRICERATOPS

〇『DRESS CODE』 野宮真貴
GEMMATIKA Records  2004年7月7日 RSCM1002 
〜戦時下のエレガンスを求めて〜総合プロデューサー川勝正幸。「おしゃれ手帳」こと野宮真貴と「レコード番長」こと須永辰緒の出会いが生んだ愛と平和とおしゃれが好きな人たちのためのアルバム。ボサ & ジャズ率高めの全8曲。ディナーショウ仕様。参加アーティストはsaigenji, 菊地成孔ら。
【収録曲】
1 Mのブルース (メドレー)
<reception>作曲:竹中俊二
<Les Girls>作曲:Aiderbert
<いちばん好きなもの> 作詞・作曲:小西康陽
2 手のひらの東京タワー 作詞・作曲:松任谷由実 編曲:太宰百合
3 Elegance Under War  作詞:菊地成孔 作曲:須永辰緒 編曲:太宰百合
4 歌う「おしゃれ手帖」 作詞:川勝正幸 作詞:須永辰緒 編曲:太宰百合
5 entre act (ナレーション)
6 森の恋人たち 作詞:野宮真貴 作曲:須永辰緒 編曲:太宰百合
7 Bridges 作詞:Fernando Brant 作曲:Milton Nascimento 編曲:太宰百合
8 MAIS DO QUE VALSA 作詞・作曲: Marcos Valle/ Paulo Sergio Valle 編曲:須永辰緒

■エイベックス・エンタテインメント
〇『PARTY PEOPLE』 野宮真貴
エイベックス・エンタテインメント 2005年10月12日 RZCD-45258
m-floプロデュースによるヒット曲「Big Bang Romance」も収録!パーティーピープルの、パーティーピープルによる、パーティーピープルのためのアルバム!歌と幹事は、踊る「おしゃれ手帖」こと野宮真貴。
出席したPARTY PEOPLEは、赤木忠治(ex. FILMS), m-flo, 菊地成孔, GTS, 高橋透, 寺本りえ子(OuiOui),パンダとササノハ, FUTON, Heigo Tani(Co-fusion), YAMO(former Kraftwerk member)
▼2022年5月25日(水)Digital Album Release!

【収録曲】
01 : PARTY GIRL produced by Heigo Tani(Co-fusion)
02 : Big Bang Romance produced by m-flo
03 : 踊る「おしゃれ手帖」 produced by パンダとササノハ
04 : Lovin’ you baby produced by Dimitori from Paris *KISSのカヴァー曲 
05 : YAMATE LINE co-produced by YAMO(former Kraftwerk member)
06 : Question Girl produced by futon
07 : NOT GONNA GET US produced by Oui Oui *t.A.T.u.のカヴァー曲
08 : Princess & Prince of The Frog produced by GTS
09 : HIGH produced by futon
10 : PARTY PEOPLE MEGA-MIX mixed by 高橋透 

<野宮真貴 40th Anniversary Live>

■配信概要
guest: 横山剣(クレイジーケンバンド)
配信日時 : 2022年4月29日(金)※5月6日までアーカイブ視聴可
配信会場 : Billboard Live TOKYO
配信開始 : 19:00 / 開演予定 : 19:30
<ONLINE TICKET>
販売価格 : 3,500円(税込)
チケット購入URL : https://live.tv.rakuten.co.jp/content/416411/
販売期間 : 5月6日(金)21:00まで

▼野宮真貴 40th Anniversary Live
【ビルボードライブ東京】(1日2回公演・2DAYS)
2022/4/29(金・祝)1stステージ 開場15:30 開演16:30 / 2ndステージ 開場18:30 開演19:30
Guest: 横山剣(CRAZY KEN BAND)

2022/4/30(土)1stステージ 開場15:30 開演16:30 / 2ndステージ 開場18:30 開演19:30
Guest: 鈴木慶一、カジヒデキ

[お問い合わせ] ビルボードライブ東京:03-3405-1133
〒107-0052東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
Billboard Live Official Web:http://www.billboard-live.com/

この記事をツイート

この記事の関連情報