アイアン・メイデン、2年半ぶりのツアーに向けクロアチアに到着

ツイート

クロアチアのニュース・サイト『Dalmacija News』によると、アイアン・メイデンのメンバーたちは来月再開するツアーのリハーサルを行うため、4月27日(水曜日)、同国スプリトの空港に到着したという。

◆アイアン・メイデン画像

2022年の<Legacy Of The Beast>世界ツアーは、5月22日にクロアチアの首都ザグレブでスタートする。同ツアーは2018年5月に開幕したが、パンデミックが発生したため、2019年10月中旬を最後に中断しており、バンドがライブ・パフォーマンスするのは2年半以上ぶり、最新アルバム『Senjutsu』(2021年)リリース後初となる。

この間、フロントマンのブルース・ディッキンソンはソロでスポークン・ワード・ツアーを開催。ギタリストのエイドリアン・スミスはリッチー・コッツェンとコラボ・アルバム『Smith/Kotzen』(2021年)を発表し英国とアメリカでツアーを開催し、リーダーでベーシストのスティーヴ・ハリスもサイド・プロジェクト、ブリティッシュ・ライオンのセカンド・アルバム『The Burning』(2020年)をリリースしていた。

ディッキンソンは最近、「アイアン・メイデンとステージに上がる直前は緊張するよ。特に、ツアーが始まったばかりのときはね。5、6公演終えると、ルーティーンって感覚を取り戻す。どうやって進むか、わかっているからね。でも、最大の恐れは、特にシンガーにとっては、ステージに上がり、口を開いても、クソみたいな言葉、もしくは何も出てこないってやつだ。理不尽だが、起こり得る。だから白状すると、俺は、バックステージに歌詞を書いた紙を置いてある。見ることはないんだが、ないとわかると、怖くなる」と話していた。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報