全米アルバム・チャート、プッシャ・Tが新作で初の1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、ラッパー、プッシャ・Tの4枚目のスタジオ・アルバム『It’s Almost Dry』が初登場で1位に輝き、彼にとって初の全米No.1アルバムが誕生した。これまで、ファースト『My Name Is My Name』(2013年)が4位、セカンド『King Push - Darkest Before Dawn: The Prelude』(2015年)が20位、サード『DAYTONA』(2018年)が3位をマークしていた。『It's Almost Dry』は英国では7位につけ、自身初の全英トップ10ヒットともなった。

◆プッシャ・T画像

2~3位は先週と変わらず、カントリー・シンガー、モーガン・ウォレンの『Dangerous: The Double Album』が2位、リル・ダークの『7220』が3位をキープした。昨年1月にリリースされ10週間1位に輝いた『Dangerous: The Double Album』は、これで68週間Billboard 200にチャート・インし続けている。

今週新たにトップ10入りした新作は2枚あり、プッシャ・Tほか、カントリー・シンガー、ジェイソン・アルディーンの最新作『‎GEORGIA』が8位につけた。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報