【インタビュー】東京ゆみ子とザ・パールミーゴ、コテコテのムード歌謡にラップやダンスが融合した「私ったら困ってます」

ツイート

■本当に困っているんだよっていう気持ちを出しながら歌ってもらったり
■いろんな人が「自分たちにとってのあるある」として歌ってくれたらいいな


──カラオケで歌う時はそのファッションも含め、なり切って歌うと楽しそうだなと思います。ちなみにこの衣装はどなたのプロデュースなんですか?

ホロッコこまり:家の中にあるもので、ムード歌謡っぽいものを自分でチョイスしました(笑)。

ほり太:昔の昭和感が出てますよね。

──でも懐かしさだけじゃなく、合間のダンスとかラップとか、今風の要素とのバランスが絶妙なんですよね。とにかくクセになります(笑)。

ホロッコこまり:(笑)。狙っていたわけじゃないんですが、面白いと思う入り口がいっぱいあるネタなんですよね。ムード歌謡を懐かしいと思って「良い」と感じる人がいたり、逆に若い子は新しいというか新鮮に思う。見た目を面白いと思ってくれる人がいたり、ネタのあるあるが面白いと思ってくれたり、いろんな角度から入れるネタなんです。

──鬱憤タメ子さんの楽曲も素晴らしいですし。

ほり太:そうなんですよ。少し前の話ですが、鬱憤タメ子さんはすごく良い曲を書く方だったのでお近づきになりたいなと思い、ライブにお誘いしたら本当に来てくださったんですね。僕らの「小津さん」というネタがあるんですが、何度か見てくださって、イメージ曲みたいな感じで曲を作ってくださったこともあるんです。こちらからお願いしたわけでもないのに。

──現在はホロッコさんのYouTubeチャンネルでも公開されている、あの「小津さん」の曲ですね。個人的にも大好きです(笑)。

ホロッコこまり:ありがとうございます(笑)。

ほり太:『THE W』に向けてムード歌謡ネタの曲をどうしようかなって思っていた時、それまでよく曲を作ってくれていた友人がどうしても都合がつかず、別の方に依頼したけどちょっと違うなと。鬱憤さんはすごい人だと思っているから逆にお願いできないなと思っていたけど、やっぱり良いものが作りたいからと、覚悟を決めてお願いしました。最初に頂いたものがほぼこのままの完成形だったので、やっぱりすごいなと思いましたよね。こまり自身も歌っていて気持ち良いという話はよくしていますが、僕もネタを書く時に、曲に合わせて歌いながら文字を当て込むんですね。やっぱり気持ち良いんですよ。延々と歌える。すごく歌い心地が良い曲だと思います。


──これからたくさんの方がカラオケでも楽しまれると思いますが、歌うときのアドバイスは何かありますか?

ホロッコこまり:それはもう、やっぱり感情を込めて。本当に困っているんだよっていう気持ちを出しながら歌ってもらったらいいかなと思います。あとは、いろんな人が「自分たちにとってのあるある」として歌ってくれたらいいなと思っているんですよね。会社の忘年会で上司のあるあるを歌って、最後の地名のところを上司の名前にしちゃうとか。簡単にネタ(歌詞)が出来るので、地元の友達と集まった時なんかに歌うのも面白いかなって思うんですよね。

──<東京ゆみ子とザ・パールミーゴ>としての今後はどのようにお考えですか?

ホロッコこまり:最終的に紅白に出られたらいいなっていう欲は出てきています(笑)。『ガキ使』に出る前は全然考えていなかったんですが、番組に出て、そこから「ぜひカラオケに」っていう話もいただきましたから、このまま音楽として広まっていくのもいいなって思うようになったんです。いろんな人に聴いてもらえたらっていうことで、例えば年末の音楽番組とか、それこそ紅白とかって。

ほり太:<東京ゆみ子とザ・パールミーゴ>のザ・パールミーゴは架空の男性コーラスグループなので、純烈の皆さんにやってもらえたら面白いんだけどなとか、思ったりはしてますけど(笑)。

──素敵なコラボですね(笑)。これからの展開が楽しみです。

ホロッコこまり:私たちはお笑いの人間なので、『ガキ使』でダウンタウンさんがあれだけ笑ってくれたらもう本当に全部クリアというか、エンディングというか、この後はもう余生ぐらいの感じなんです(笑)。お笑いの一番高いところが笑ってくれた、となると今度は音楽畑の方で、ダウンタウンさんが笑ってくれたみたいな評価を得られたらありがたいなって思ったりもします。とにかく耳に届けば気に入ってくれる確率は高いと思っているので、これからもたくさんの方に知っていただけるように頑張ってやっていきたいなと思っています。

取材・文:山田邦子

リリース情報

「私ったら困ってます」
カラオケ配信:5/12より順次配信
リクエストNo. 1342-81
対応機種:LIVE DAM Ai、LIVE DAM STADIUM

◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報