全米アルバム・チャート、フューチャーの新作が2022年最大の週間売り上げで1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、ラッパー、フューチャーの9枚目のスタジオ・アルバム『I NEVER LIKED YOU』が初登場で1位に輝いた。これで、フューチャーのスタジオ・アルバムはサード『DS2』(2015年)から7枚全てが1位を獲得。ドレイクとのコラボレーションEP『What A Time To Be Alive』(2015年)をあわせ8作目の全米1位となった。

◆フューチャー画像

『I NEVER LIKED YOU』はリリース初週に22万2,000ユニットを売り上げ、現時点、2022年最大の週間セールスを記録している。

2位には、ザ・ウィークエンドの『Dawn FM』がヴィニール盤、カセットテープ、デラックス・ボックス・セットが発売されたことにより35位から大きく再浮上。1月にリリースされたときにマークした最高位に並んだ。

モーガン・ウォレンの『Dangerous: The Double Album』が先週の2位から3位に1ランク後退した。

今週は、フューチャーほか2作が新たにトップ10入りしており、カントリー・シンガー、ミランダ・ランバートの最新アルバム『Palomino』が4位に、ラッパーNoCapのデビュー・アルバム『Mr. Crawford』が8位にチャート・インしている。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報