ジャーニー、コロナ感染で北米ツアー残りの4公演を延期

ツイート

ジャーニーは火曜日(5月10日)、メンバーが新型コロナウイルスに感染したため、現行の北米ツアーの残りの4公演を延期すると告知した。

◆ジャーニー画像、動画

ジャーニーは、TOTOをスペシャル・ゲストに迎え、2月22日から北米で40以上の公演が予定された大規模な<Freedom>ツアーを開催していた。

5月7日のオハイオ州クリーブランドでの公演を終え、4公演を残すばかりとなったが、「残念なことに、バンド・メンバーの1人がCOVID陽性との結果が出たため、残りの公演を延期する」と発表された。5月10、11、13、16日に予定していたこれら4公演は、間もなく新たな日程が告知される。

彼らはこの後、7月半ばにラスベガス公演を予定している。

ジャーニーは7月8日に、11年ぶりのニュー・アルバム『Freedom』を発表予定。先週、同作からの最新シングル「You Got The Best Of Me」のヴィジュアライザーが公開された。

新ラインナップで制作された『Freedom』には、「Together We Run」「Don’t Give Up On Us」「Still Believe In Love」「You Got The Best Of Me」「Live To Love Again」「The Way We Used To Be」「Come Away With Me」「After Glow」「Let It Rain」「Holdin On」「All Day All Night」「Don’t Go」「United We Stand」「Life Rolls On」「Beautiful As You Are」の15曲が収録される。




Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報