ザ・ブラック・ダリア・マーダーのトレヴァー・スターナドが41歳で死去

ツイート

米ミシガン州ウォーターフォード出身のメロディック・デスメタル・バンド、ザ・ブラック・ダリア・マーダーが、ヴォーカリストのトレヴァー・スターナドが亡くなったことを公表した。彼はまだ41歳だった。

バンドは5月11日、「深い悲しみと共に、トレヴァー・スコット・スターナドの訃報を伝える。最愛の息子、兄弟、楽しい時間の申し子だった彼は、彼に会ったことがある全ての人から愛された。音楽の生き字引。ハガー、ライター、この世界で最も偉大なエンターテイナーの1人だった。彼の詞は、物語、呪文、恐れ、斬新さをこの世にもたらした。君らをもてなすのが彼の人生だった」と訃報を伝えた。最後に、自殺防止ライフラインの電話番号が記されている。



スターナドは昨年春、『Metal Injection』のインタビューで、鬱やアルコール依存症との闘いについて語っていた。また秋には、母が亡くなったことにより「40歳でも辛い。俺らはとても親しかった。迷子になった子供のような気持ちだ」と、SNSで苦しい心の内を明かしていた。

スターナドは結成初期から20年以上にわたってザ・ブラック・ダリア・マーダーに在籍し、9枚のスタジオ・アルバム全てを制作してきた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報