エピフォン、アリス・イン・チェインズ ジェリー・カントレルの最新シグネチャー2機種を発売

ツイート

エピフォンから、アリス・イン・チェインズのジェリー・カントレルのエピフォン初のシグネチャー・モデル『Epiphone Jerry Cantrell “Wino” Les Paul Custom(エピフォン ジェリー・カントレル “ワイノ“ レスポール・カスタム)』、『Epiphone Jerry Cantrell Prophecy Les Paul Custom(エピフォン ジェリー・カントレル プロフェシー レスポール・カスタム)』の2機種が発売になった。

『エピフォン ジェリー・カントレル“ワイノ“レスポール・カスタム』は、プレインメイプル・トップに塗布されたダークワインレッド仕上げ、9個のホールにより重量軽減されたマホガニーボディ、ゴールドハードウェア、グローバー ロトマチック キドニーチューナー、ネックポジションのゴールドカバー付きAlnico Classic PRO ハムバッカー、ブリッジポジションのオープンタイプの98T PROハムバッカーなど、ジェリー・カントレルならではの個性的な仕様を採用。マホガニー素材のネックはカントレル・カスタム・プロファイルで仕上げられ、シグネチャー・モデルに相応しくトラスロッドカバーには“Jerry Cantrell”と施され、ヘッドストックの裏側には“JJ”のロゴがプリント。カスタムハードシェルケースが付属となる。


『エピフォン ジェリー・カントレル プロフェシー レスポール・カスタム』は、トップ側とバック側双方にバインディングが施されたマホガニー・ボディとメイプル・トップの材構成、軽快なトーンと軽量化による快適な演奏性をもたらすウルトラモダン・ウェイトリリーフ構造、スムーズな演奏性を提供するエボニー指板と24ジャンボフレット、安定したチューニングを実現するGroverロック式RotomaticチューナーとGraph Techナットを実装。サウンド面においては、Fishman Fluenceピックアップ搭載により幅広いトーンが得られる。2基のボリュームポットはプッシュ/プルによりコイルタップが可能。トーンポット2基についてもプッシュ/プルによりボイス・スイッチとして機能することで、往年のPAFを彷彿とさせるハムバッカー・トーンとハイゲインなハムバッカー・トーンの切り替えが可能だ。カスタム・カントレル・ネックプロファイル、サークル・イン・ダイヤモンドの意匠による指板インレイ、シグネチャー・モデルに相応しく“Jerry Cantrell”と施されたトラスロッドカバー、艶消し仕上げのニッケル・ハードウェア、ヘッドストック裏側の“JJ”サークルロゴなど、ジェリーならではのデザインの数々が盛り込まれている。カスタムハードシェルケースが付属する。









製品情報

Epiphone Jerry Cantrell “Wino” Les Paul Custom
【参考価格】 105,600円(税込)

Epiphone Jerry Cantrell Prophecy Les Paul Custom
【参考価格】 143,000円(税込)
この記事をツイート

この記事の関連情報