平井 大、3年ぶりのビーチフェス開催「やっぱりビーチでみんなと音楽を楽しむこの感覚」

ツイート

平井 大が、5月14日に千葉県の稲毛海岸特設ステージにてビーチフェス<HIRAIDAI presents THE BEACH TRIP 2022>を開催した。

◆ライブ写真

自身が主催するビーチフェスは2019年5月に開催された<HIRAIDAI THE BEACH TRIP 2019>以来3年ぶりの開催となる。稲毛海岸のビーチの上にステージをたて、波の音や海の風を感じながら平井 大の奏でる音楽を楽しむことができる、ビーチステージならではの特別なライブとなった。

会場では、ライブパフォーマンス以外にも、食事やグッズ、古着屋、スケートボードパーク、さらに公私共にパートナーであるLady Brown Picturesの写真展など、平井 大のエッセンスが詰まったスペシャルなフェスとなった。


14時から行われた第一部“#1 Acoustic”では平井 大が登場するとビーチに歓声が沸き起こり、アコースティックギター、ウクレレ、エレキギターでの弾き語りからスタート。4月にリリースしたばかりの『「いつも通り」のキセキ。』をエレキギターでライブ初披露した。


その後バンドメンバーを呼び込み、ベースとパーカッションを入れた3人編成、そこからギターとキーボードを加えた5人編成と徐々にスケール感を増しながら、会場いっぱいに楽器の音色と歌声を響き渡らせた。 「Lonely Beachy Story」や「Malibu Girl」などビーチにぴったりな曲も混ぜアコースティックセッションで魅せると、最後には「皆様の願いのおかげでこんなに晴れました。雨の後は晴れる。Life is so Beautiful!」と曲振りをし「Life is beautiful」で締めた。


17時30分から行われた第二部“#2 Full band”では、夕方の優しい日差しが差し込む中、デビュー当時からともにライブを作り上げてきたバンドメンバーと、昨年のツアーから一緒に全国を回ったコーラス2名も参加した豪華なフルバンド編成で登場。随所で盛り込まれた平井 大のギターソロ・ウクレレソロパートでは、彼のプレイヤーとしての魅力も十分に感じることのできる演奏で聞き手を引き込み、バンド・コーラスとともに作り出すグルーヴが広々としたビーチを満たすような、圧巻のライブとなった。


本編の終盤になり日が沈み始めると、「tonight」「題名のない今日」などを披露。夕暮れのエモーショナルなビーチに彼の歌声とギタープレイが鳴り響いた。さらにMCでは「何年かぶりにビーチにこうやって帰って来れて、音楽ができて幸せです。この2年間、たくさん曲を作って皆さんに聞いていただいて、すごく充実していたけど、どこか何か足りなかった。それはやっぱりビーチでみんなと音楽を楽しむこの感覚だなと思いました。本当にありがとう。I LOVE YOU!」と、ビーチライブへかける想いを語ると、5月9日に発売したばかりのアルバム『HOPE / WISH』に収録されているライブ初披露の新曲「WISH」で本編を締めた。

アンコールでは、人気のラブソング「Stand by me, Stand by you.」、続いてこちらもライブ初披露の新曲「HOPE」を披露。ゴスペル調のコーラスが楽曲の厚みを増し、観客の手拍子でさらに会場との一体感を作り出した。


「今日は本当に楽しい時間をありがとう。この曲を歌ったからにはまた逢いに来てよ? この後みんなに会えるのはツアーかなと思いますけど、それまでの間にTikTokライブをやったりInstagramライブをやったり、色んな形で皆さんと楽しく音楽できればと思ってます。OK?」の振りで、始まったのは「また逢う日まで」。たっぷりとギターソロとバンドセッションを聞かせ堂々のフィナーレを迎えると、夜空には大きな花火が上がり、この日会場に集まった約1万5000人の観客を沸かせた。

◆平井 大 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報