マット・キャメロン、チャド・スミスがテイラー・ホーキンスの追悼記事への関与を謝罪

ツイート
Photo by Danny Clinch

パール・ジャムのマット・キャメロン(Dr)とレッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミス(Dr)が、『Rolling Stone』誌のテイラー・ホーキンス追悼記事における彼らの発言について釈明、謝罪し、取材を受けたことを後悔しているとの声明を出した。

◆フー・ファイターズ画像

『Rolling Stone』誌は、キャメロンとスミスが、ホーキンスはフー・ファイターズのツアー・スケジュールが過密で酷だったことから「もうやってられない」などと彼らに話していたと伝えていた。

これに対し、キャメロンは、新型コロナウイルスに感染し休養中にもかかわらず、『Rolling Stone』の記事が公開された翌日の5月17日(火曜日)、インスタグラムを通じ以下のような声明を出した。「テイラーに関するRolling Stoneの記事に関与すると同意したとき、僕は、彼の人生と活動を称賛するものになるんだろうと考えていた。僕の発言は、文脈を無視し解釈され、僕が意図していなかった談話にまとめ上げられた。テイラーは大切な友人で、次のレベルのアーティストだった。僕は彼のことを恋しく思っている。テイラー、デイヴ、フー・ファイターズのファミリー達には深い愛とリスペクトしかない。このインタビューを受けたことを本当に後悔している。僕が関与したために、僕が深甚な敬意と称賛の念しか抱いていない人々を傷つけたかもしれないことを謝罪する」

その数時間後、チャド・スミスは、「テイラーは僕のベスト・フレンドの1人だった。僕は彼の家族のためなら何でもする。Rolling Stoneには、僕らが共に過ごした思い出のいくつかをシェアするよう頼まれた。僕はそれが彼に相応しい愛情あふれる追悼になるだろうと思った。代わりに、彼らが書いたのはセンセーショナルで誤解を与えるようなストーリーだった。わかっていれば、僕は絶対に参加することに同意しなかった。これによりもたらされたかもしれない痛みに対し、彼の家族、音楽面での友人たちへ謝罪する。僕は毎日、テイラーを恋しく思っている」との声明を、同じくインスタグラムに掲載した。

フー・ファイターズの代理人は、ホーキンスが『Rolling Stone』誌の記事にあるような問題を提起したことはなかったとコメントしている。







Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報