パール・ジャム、ジェフ・アメンも感染で北米ツアー残りの2公演を中止

ツイート
Photo by Danny Clinch

パール・ジャムは、ドラマーのマット・キャメロンに続きベーシストのジェフ・アメンが新型コロナウイルスに感染したため、北米ツアーの残り2公演(5月18、20日)を中止すると告知した。

◆パール・ジャム画像

バンドはカリフォルニア州サクラメントでの公演を予定していた18日、感染対策に万全を期していたつもりだったが、その日の朝受けた検査でアメンが陽性だったと伝え、コンサートの中止を謝罪した。

彼らは、先週、キャメロンが陽性判定を受けた後、ゲスト・ドラマーたちを迎え3公演を行ってきた。16日の公演では、それまでの2公演で代理を務めたツアー・メンバーのジョシュ・クリングホッファーと、アメンの長年のコラボレーターRichard Stuverudに加え、1990~1991年に在籍したオリジナル・ドラマーのデイヴ・クルーセンがゲスト出演した。

フロントマンのエディ・ヴェダーはその夜、「ファースト・アルバム(『Ten』)は多くの人に影響を与えたようだ。でも、当時ドラムをプレイしていた俺らの友人が、ライブでプレイした期間はかなり限られていた。今週、その埋め合わせができそうだ」と話しており、残りの2公演にもクルーセンが参加するものと考えられていた。

パール・ジャムはこの後、9月に新たな北米ツアーを開催する。

Ako Suzuki







この記事をツイート

この記事の関連情報