桑田佳祐 feat. 佐野元春, 世良公則, Char, 野口五郎、「時代遅れのRock’n’Roll Band」リリース

ツイート


桑田佳祐が作詞・作曲し、フィーチャリングに佐野元春、世良公則、Char、野口五郎を迎えた楽曲「時代遅れのRock’n’Roll Band」が、5月23日(月)に緊急配信リリースされることが発表された。

2020年に突如世界を一変させた新型コロナウイルス、各地で多発する未曾有の自然災害、そして2022年2月に海の向こうで勃発し今なお続く惨劇。悲しみが世界中を覆う今、桑田佳祐が急遽、新たな曲を書き下ろした。佐野元春、世良公則、Char、野口五郎を迎えて制作された「時代遅れのRock’n’Roll Band」は、日本音楽界の“同級生”5人が、昭和〜平成〜令和の時代を経て、今だからこそ結集し声を合わせて歌う平和へのメッセージということだ。

▲佐野元春

▲世良公則

▲Char

▲野口五郎

今年の2月に、久しぶりに顔を合わせた桑田佳祐と世良公則の会話から生まれた“同級生で協調して、今の時代に向けた発信をできないか?”というアイデアに端を発したという本楽曲。日本を代表し、今尚、現役で活躍する音楽人である桑田佳祐(1956年生)、佐野元春(1956年生)、世良公則(1955年生)、Char(1955年生)、野口五郎(1956年生)の5人で結集する構想を桑田が描き、4月末、自らがそれぞれに手紙を書き、会いに行ったそうだ。40年以上も同じ世界で活躍していながら、意外にも、これまで交わることのなかったこの5人。『今敢えて“時代遅れ”なやり方で、我々の世代が「音楽という名の協調」を楽しむ姿を発信し、その中で「次世代へのエール」や「平和のメッセージ」を届けたい』という桑田の想いに共鳴し、長きにわたる音楽活動を支えてくれたそれぞれのファンへの感謝とお互いへのリスペクトを胸に、今自分たちが出来ることとして“共に歌う”べく集まった。

どこか重々しい空気に抑圧され、自分の意見を言いづらいようなムードが蔓延する昨今、昭和世代が<同級生で集まって歌う><タイムリーに世界情勢に声をあげる>など、前述した通り敢えて“時代遅れ”とも言われかねないアクションを起こすことで、“次の世代に向けたエール”と“平和のメッセージ”を届けたいという想いがこのタイトルには込められているという。【この頃「平和」という文字が 朧げに霞んで見えるんだ 意味さえ虚ろに響く】 【No More No War 悲しみの 黒い雲が 地球を覆うけど 力の弱い者が 夢見ることさえ 拒むと言うのか?】など、ストレートな歌詞が綴られ、パートごとに各ボーカリストが力強く歌い上げる様は圧巻ということだ。

さらに、歌詞にある【子供の命を全力で 大人が守ること それが自由という名の誇りさ】という言葉を体現すべく、この楽曲を通じて得られる収益の一部は、困難に直面している世界中の子供たちの未来といのちを守るため、“Save the Children(セーブ・ザ・チルドレン)”に寄付することも併せて発表された。

桑田佳祐 feat. 佐野元春, 世良公則, Char, 野口五郎「時代遅れのRock’n’Roll Band」


5月23日(月)配信リリース
︎作品特設サイト https://special.southernallstars.jp/jidaiokure/

この楽曲から得られる収益の一部は、困難に直面している世界中の子どもたちの未来といのちを守るために、セーブ・ザ・チルドレンへ寄付させていただきます。
▶︎Save the Children(セーブ・ザ・チルドレン)公式HP https://www.savechildren.or.jp/

この記事をツイート

この記事の関連情報