ノエル・ギャラガー、マンチェスター・シティのゴールに歓喜し、血だらけの怪我

ツイート
(c)Matt Crockett

熱烈なマンチェスター・シティFCのサポーター、ノエル・ギャラガーは日曜日(5月22日)、同チームのプレミアリーグ優勝を決定づけたエティハド・スタジアムでの試合を観に訪れ、歓喜に沸く中、ルベン・ディアス選手の父親から“頭突き”を食らい怪我したそうだ。

◆ノエル・ギャラガー画像

ノエルは、事のあらましを『talkSPORT』にこう話している。「3度目のゴールがきまったとき、スタジアムは大混乱となった。俺らが座っていたとこの2つ上のボックス席にルベン・ディアスの家族がいてさ。俺はバカみたいに飛び回り、息子をプレミアリーグのトロフィーみたいに掲げ、みんなが順に彼を持ちあげてたんだ。振り返ったら、ルベン・ディアスの父親が俺に向かって突進してきて、俺に頭突きを食らわした。俺は血だらけで、床にぶっ倒れちまった」「(試合の)最後の2分間は見てない。応急処置室に運び込まれ、傷口を縫ってもらわなきゃいけなかったからな」

ノエルは上唇を縫い、目の治療を受けたという。一方のディアス選手の父親は、「デカい熊みたいな奴」で、「傷ひとつ負ってない」そうだ。

ノエルは、来週土曜日(6月4日)からノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズのUKツアーを開催予定。リハーサルで、リヴァプールFCファンのバンド・メンバーたちに会うのを楽しみにしているという。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報