ローランド、PCを使用せずに安定したライブ配信を行えるストリーミング・AVミキサーを8月下旬に発売

ツイート

ローランドが、映像や音声の切り替え、配信、録画の機能を1台に集約し、パソコンを使用せずにライブ配信ができるダイレクト・ストリーミング・AVミキサー『SR-20HD』を8月下旬に発売する。

『SR-20HD』は、パソコンなしで安定したライブ配信を行えるダイレクト・ストリーミング・AVミキサー。映像のスイッチングと音声のミキシングを行うAVミキサー機能に加え、トラブルを回避して高品質で安定した配信を行えるさまざまな機能を搭載。ネットワークの状態を監視し、ストリーミング・データを自動的に調整して配信の中断を防ぐ「アダプティブ・ビットレート機能」、アクシデント発生時に映像や音声をスムーズに静止画に切り替える「セーフティ・ディレイ機能」、物理的な回線トラブルが発生した際、スマートフォンを予備回線として使用できる「テザリング機能」などにより、安心してライブ配信が行える。

配信に関わる機能はパソコンを必要としないので、近年増加するマルウェアへの対策としても有効。また、SDカードに録画データを残すことができるので、モバイル回線を含む全ての回線がダウンした際にも録画データをバックアップとして利用可能。ライブ配信に必要な機能を1台に集約し、簡単な操作でライブ配信を行える『SR-20HD』は、プロの手を借りず各種のオンラインイベントやオンライン授業を自身で行うときに活用できる製品だ。

『SR-20HD』は、映像や配信業務の経験がなくとも、誰もが安心してライブ配信を実行、管理できるよう設計。高い操作性に加え、ビデオ・スイッチャー、オーディオ・ミキサー、プレビューモニター、ストリーミング・エンコーダー、レコーダーの機能が1台にまとまっているため、作業工程を簡略化でき、配信トラブルの要因を減らせる。


また、2系統のHDMI入力を備えており、HDMIカメラやスマートフォン、タブレットやプレゼンテーション用のパソコンなどさまざまな機器を接続可能。ローランドのUSBビデオキャプチャー対応製品、または互換性のあるWebカメラを接続できるUSB入力端子も装備。オーディオ入力からマイクや音楽プレーヤー、電子楽器などの音声を入力できる。必要な機器を『SR-20HD』につないだら、ネットワークと接続し、YouTube Live、Facebook、Twitchなどのプラットフォームでライブ配信をすぐに始めることができる。

さらに、ローランドが培ってきたライブ配信における映像・音声のノウハウを凝縮して搭載。安定した配信をサポートする「アダプティブ・ビットレート機能」「セーフティ・ディレイ機能」「テザリング機能」などを搭載しており、配信の中断や物理的な回線の問題など、配信中のトラブルを減らす。

『SR-20HD』には、映像の切り替えや音声のミキシングを自動化して、配信における作業時の手間を軽減する機能を搭載。あらかじめ設定した時間間隔で映像を自動で切り替え、動きのある映像で配信を盛り上げる「オート・スイッチング機能」、複数のマイク入力の音声レベルのバランスを自動で調整する「オート・ミキシング機能」、対談やディスカッションなど複数の話者がいるライブ配信で、マイクの音量を判断して話者の映像に自動的に切り替える「ビデオ・フォロー・オーディオ機能」により、ライブ配信中は機器の操作に追われることなくイベントの進行に集中できる。



製品情報

ダイレクト・ストリーミング・AVミキサー 『SR-20HD』
発売時期:2022年8月下旬
外形寸法:300(幅)×215(奥行)×86(高さ)mm
質量:2.4kg(本体のみ)
この記事をツイート

この記事の関連情報