マイケル・シェンカー「自伝、書くつもりはない」

ツイート

マイケル・シェンカーは、自伝に興味がないそうだ。多くの自伝が事実に基づいていないと感じているという。

『Myglobalmind』のインタビューで、自伝の執筆を検討したことはあるかと問われた彼は、こう答えた。「ないと思うね。なぜなら、俺は本というものを信用していないからだ。嘘を書くのは簡単だからな。だから、俺は、“ふーん、本当は何が起きたのか、わからないよな”なんてジャッジされるかもしれない状況に自分を置きたくない。興味ないね。何を言おうが、人々は信じないんだから」

「誰だって本は書ける。実際に起きたこととは違う話ができる。あれは単なるエンターテインメントだと俺は思ってる。事実ってわけじゃない。全てファンタジーだ。本を書く連中は、読者が興味深いストーリーを好むことがわかってる。だから、本を書く奴らは、話を創り上げ、実際より大きくするわけだ。ある出来事をもとに、それを発展させ……、SFになるんだよ。UFOなんかの本がそうだ。実際には何が起きたのかわかってないのに、でっちあげる」

「キッスの(オリジナル・)メンバーがそれぞれ本を出版したとき、いくつかの出来事について全員が違うことを書いてたと聞いた。事実ではない想像の産物にだまされるのが好きなのか、読者次第だな。でも、俺にとっては音楽に語らせるほうが重要だ。それが事実で、それが俺だ」

マイケル・シェンカーは今週金曜日(5月27日)、MSGのニュー・アルバム『Universal』をリリースした。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報