【イベントレポート】<POP YOURS>が示した“ヒップホップは現代のポップカルチャー”

ツイート

▲PUNPEE photo by cherry chill will.

5月21日(土)および22日(日)に、ヒップホップフェス<POP YOURS>が千葉・幕張メッセ国際展示場9〜11ホールで開催された。今回BARKSでは、オフィシャルから届いたレポートを掲載する。

  ◆  ◆  ◆

株式会社スペースシャワーネットワーク主催のヒップホップフェス<POP YOURS>が千葉・幕張メッセ国際展示場9〜11ホールで5月21日と22日に開催された。各日それぞれのヘッドライナーはPUNPEEとBADHOP。2日間合わせて37組ものヒップホップアーティストが出演し、2日間合計で約16000人の観客を動員。またYouTubeの生配信は約18万人が楽しんだ。

<DAY1>
初日の記念すべきトップバッターはdodo。「足下が悪いなか今日はみんな来てくれてありがとうございます」と開演の挨拶。この日の関東地方はあいにくの雨模様。だが開場時間には入場ゲートに長蛇の列ができるほど多くのヒップホップファンが集まった。<POP YOURS>は全席指定でマスクは常時着用。大声、歓声、合唱は禁止。アルコール販売もなし。そんな中、dodoは“era it”、”Swagin like that“などを熱唱した。続いて登場したのはバーチャルYouTuberのピーナッツくん。「今日は面白がられにきたわけじゃなくちゃんとカマしに来たから!」と宣言。“グミ超うめぇ”ほかエモいラップをぶちかました。SKY-HIはMCバトル勃興期に小さいクラブでビール瓶を投げられたエピソードを回想。このビッグフェスに呼ばれた感謝の意を伝え“Brave Generation Remix”などをラップ。

▲dodo photo by cherry chill will.

▲dodo photo by Daiki Miura

▲ピーナッツくん photo by cherry chill will.

▲ピーナッツくん photo by Daiki Miura

▲SKY-HI photo by Jun Yokoyama

▲SKY-HI photo by Jun Yokoyama

全身からエネルギーを放出して場内の空気を一変させたDADA、東京のオルタナティブでミクスチュアな感覚を体現した(sic)boyに続き、NEW COMER SHOT LIVEには「ラップスタア誕生!」で注目されたCYBER RUI、川崎の注目ラッパーCandee、ralphとの“Kick Up”が人気のJumadiba、東京のニューカマークルー・Sound’s Deliらがパフォーマンスしフレッシュな空気を見せ付ける。

▲DADA photo by Jun Yokoyama

▲DADA photo by Jun Yokoyama

▲(sic)boy photo by Jun Yokoyama

▲(sic)boy photo by Yukitaka Amemiya

▲CYBER RUI photo by Jun Yokoyama

▲Candee photo by Jun Yokoyama

▲Candee photo by Yukitaka Amemiya

▲Jumadiba photo by Jun Yokoyama

▲Jumadiba photo by Jun Yokoyama

▲Sound’s Deli photo by Jun Yokoyama

▲Sound’s Deli photo by Yukitaka Amemiya

ヴォカールとラップを融合させたスタイルのOZworldはスタイリッシュなトラップに乗せてポジティブなメッセージを届ける。“NINOKUNI”のイントロが鳴ると観客はスマホライトを点灯してレスポンスした。VaVaは6月1日にリリースされる約3年ぶりの3rdアルバム『VVARP』から“tAtu”を歌う。”Fruite Juice”ではCreative Drug Stroreの盟友・BIMが客演した。

▲OZworld photo by cherry chill will.

▲OZworld photo by Daiki Miura

▲VaVa photo by cherry chill will.

▲VaVa photo by Daiki Miura

金髪をコーンロウに編み込んだSALU。TikTokでバズった“Good Vibes Only”から日本語ラップのクラシック“RGTO”まで様々なスタイルでDAY1の中盤を盛り上げた。続く田我流はバックDJのMAHBIEに加え、サックスに後関好宏、トランペットに川崎太一朗という編成。stillichimiyaが全員集合した“やべ〜勢いですげー盛り上がる”や、“ゆれる”のアカペラなど感情を揺さぶるパフォーマンスを披露した。「今日は友達いっぱい連れてきてるから」と話したJJJは“Cyberpunk”でBADHOPのBenjazzy、“filter”でCampanellaを呼び込む。また“2024”ではバックDJも務めたKID FRESINOがマイクも握る。故Febbのラインに差し掛かると、まるでFla$hBackSの3人がメッセの舞台に立ってるようだった。

▲SALU photo by cherry chill will.

▲SALU photo by Daiki Miura

▲田我流 photo by Jun Yokoyama

▲田我流 photo by Yukitaka Amemiya

▲JJJ photo by Jun Yokoyama

▲JJJ photo by Yukitaka Amemiya

STUTSは登場するなり、MPCでファットなキックを連打。あまりの音の大きさに驚いた。そのグルーヴでBIMとRYO-Zをフィーチャーした“マジックアワー”などをプレイ。さらにドラマ『大豆田とわ子と3人も元夫』の主題歌“Presence”にBIMとDaichi Yamamotoを呼ぶサプライズも届けてくれた。

▲STUTS photo by Yukitaka Amemiya

▲STUTS photo by Yukitaka Amemiya

LEXはメインステージ、花道、突き出しのセンターステージ全体を使うハイクオリティなパフォーマンスを見せた。ライブDJはKM。ダンサーを引き連れ花道を歩きセンターステージでラップする姿はまさに新世代のスター。“Romeo & Juliet”などに加え、大ヒット曲“なんでも言っちゃって”にはJP THE WAVYをフィーチャー。その流れからWAVYのライブへ。1曲目はLEXとOZworldがゲストの“WAVEBODY”。“We Comin’”からはパートナーのNiina、Amami Queenらおなじみのダンサーたちが舞台を華やかにする。ラストは映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』のOST曲“BUSHIDO”で締めた。

▲LEX photo by cherry chill will.

▲LEX photo by Daiki Miural

▲JP THE WAVY photo by cherry chill will.

▲JP THE WAVY photo by Daiki Miura

KANDYTOWNのライブは同じ大所帯クルー:ウータン・クランさながらのパワフルさ(実際に“Paper Chase”をウータンの”C.R..E.A.M.”の上で披露)。ステージにはオカモトレイジの姿も。なんのてらいもなく徹頭徹尾クールを貫けるのが彼らの強みだ。“R.T.N.””One More Dance”などあついマイクリレーで終盤を盛り上げた。

▲KANDYTOWN photo by Jun Yokoyama

▲KANDYTOWN photo by Yukitaka Amemiya

DAY1のトリ、PUNPEEはオープニング映像から設定盛り盛り。2042年の未来からタイムマシンに乗って2022年の幕張にやってくる設定。映像が終わると後方の大型ビジョンが開いて、タイムマシンに模した実車が登場するなんともPUNPEEらしいオープニング。ビジョンを存分に使って『水曜日のダウンタウン』や『ODDTAXI』など自身が関わったコンテンツを惜しみなく見せていく。サービス精神の塊。名曲“Renaissance”をはじめ、OMSBをフィーチャーした“Life Goes On(あんじょうやっとります)”、スカート(澤部渡)が歌う“ODDTAXI”、STUTSとの“夜を使いはたして”など、視覚的にもエンタメ要素が満載で観客の疲れをぶっ飛ばすライブをかました。

▲PUNPEE photo by Daiki Miura

▲PUNPEE photo by Yukitaka Amemiya

◆DAY2 レポートへ
この記事をツイート

この記事の関連情報