【速レポ】<KITAKAZE ROCK FES>CVLTE、「晴れましたね!」

ツイート

初日とは打って変わって初夏の到来を思わせる夏空が広がる札幌芸術の森。芝生エリアでは開場直後からレジャーシートもあちこちに花開き、早くもピクニック気分。北海道の清々しい空気が、<KITAKAZE ROCK FES. 2022>を最高に演出している。12時5分、ダンサブルなSEを合図にステージに登場したのはオープニングアクトのCVLTE。

◆<KITAKAZE ROCK FES. 2022> 画像

「WHAT'S UP, <KITAKAZE>! 晴れましたね!」

aviel kaei(Vo)の軽快な挨拶と共に「lullaby.」から彼らのライブが始まった。Takuya(G)、Fuji(B)、HAL(Dr)の楽器陣はロックサウンドの生々しさを放ちながらも、ボーカルにはエフェクトも掛け、EDMや最新鋭のポップミュージックに通じるダンサブルな側面も打ち出す。さらにシーケンスで鍵盤やストリングス、打ち込みリズムも自由自在に駆使。そのジャンルレスなハイブリッド感に溢れる曲やアレンジは、聴覚を奪い続ける。


スタンディングエリアでは曲に合わせハンドクラップしたり、腕を上げてバンドとひとつになったりと、共鳴のバイブレーションが生まれていった。aviel kaeiは曲の合間に「おはようございます」などと言っていたが、オーディエンスはCVLTEの曲と音で元気いっぱい。

ところが3曲目の「garden.」では、彼らのルーツのひとつであるメタルコアな一面が牙をむく。さらに曲を重ねる中でテクノで刺激したほか、ラストナンバー「bloodbath.」では酩酊させるグルーヴでオーディエンスの全身をうねらせたりと、次から次へと様々な引き出しを見せつけた。それでもCVLTEが最終的に導く心地よさに、オーディエンスの多くが虜になっている。

Spotifyが2022年に躍進を期待するネクストブレイクアーティスト『RADER:Early Noise 2022』にも選出され、今年はこの<KITAKAZE ROCK FES. 2022>をはじめとする様々なフェスへの出演も決定しているCVLTE。間違いなくCVLTE支持者は急激に増えていくはずだ。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎TAKASHI KONUMA

【CVLTE セットリスト】

01. lullaby.
02. heartbreak.
03. garden.
04. eat acid, see god.
05. kuromi.
06. bloodbath.

◆BARKS内<KITAKAZE ROCK FES. 2022>特集

■ NOISEMAKER主催フェス<KITAKAZE ROCK FES. 2022>

5月28日(土) 北海道 札幌芸術の森 野外ステージ
5月29日(日) 北海道 札幌芸術の森 野外ステージ
open11:30 / start13:00
【28日出演者】
NOISEMAKER / coldrain / dustbox / FOMARE / KOTORI / HEY-SMITH / HIKAGE
【29日出演者】
NOISEMAKER / KNOCK OUT MONKEY / ROTTENGRAFFTY / The BONEZ / TOTALFAT / SHADOWS / CVLTE
▼チケット
入場券:通し入場券 ¥12,000(税込) / 28日入場券 ¥6,500(税込) / 29日入場券 ¥6,500(税込)
駐車券:通し駐車券 ¥1,000(税込) / 28日駐車券 ¥500(税込) / 29日駐車券 ¥500(税込)

この記事をツイート

この記事の関連情報