【速レポ】<KITAKAZE ROCK FES>SHADOWS、激烈なステージにJESSEも乱入「夢がバンドマンには詰まっています」

ツイート

SEもなく、ふらりとステージに現れたSHADOWS。出迎える拍手の中、メンバー全員が円陣を組んでステージへの意志をひとつにしたところで、いよいよライブの始まりである。

◆<KITAKAZE ROCK FES. 2022> 画像

ミディアムヘヴィのグルーヴ感あるリフをKazuki(G)が弾き始め、Hiro(Vo)が「Candles」と曲名を告げると、今度はTakahiro(G)が小気味いいリフを刻む。それを合図にサポートのHAYATO(B)とRyo(Dr)が極悪にしてラウドなリズムを生み始めた。直後、一体になって攻める楽器陣。強靭にして暴力的な音がオーディエンスの全身を刺激する。しかしながら、声質からして天性のポップ感を持つHiroの歌が、曲全体にフックを付けまくる。耳に残る印象的なメロディも魅力だ。ともかく反発するような要素を黄金比でかけ合わせるのはSHADOWSの専売特許のようなもの。1曲目でまずはそこを実証した形だ。




「オッケー、始めましょうか!」──Hiro

Hiroの合図で曲は「Freedom Is Yours」へ。ルーツオブパンクとも呼べるシンプルかつストレートさが魅力だ。KazukiとTakahiroもコーラスというか、歪んだ叫び声で合いの手を入れたと思えば、Hiroは「おい、<KITAKAZE>! コブシをあげろ!!」と煽る。続く「Fail」ではスピード感を上げながら、KazukiとTakahiroのユニゾンリフはメタリックな質感も。こうして曲を重ねるたび、スタンディングエリアにいるヘッドバンガーズを巻き込んでいった。

すると「My Direction」では、曲に合わせてマスク越しの叫び声が聞こえたような気がした。人それぞれが抱えてしまった閉塞感をブチ破り、身も心も解放させるような魔力を、SHADOWSの曲と音は持っている。




「北の大地でこういうフェスをできるようになったNOISEMAKER。本当に夢がバンドマンには詰まっています」──Hiro

HiroがNOISEMAKERに丁寧に感謝の気持ちを述べている中、Kazukiがボソッと言い出した。「密です。…もっと密がいいです。密が欲しいです。“甘い蜜”がいいです」。Hiroが「そっち?」と聞き返すと、「何か言われちゃうじゃん」とKazuki。しかしこれだけで終わらなかった。「楽しいけど、やっぱ密が欲しいじゃん」とKazuki。そこから始まったKazukiのつぶやきには「言うなよ」というパワーワードも多数含まれ、そのたび会場から笑いも起こる。しかし徐々に我慢していたものや変なつっかえが外れていったようだ。

「Chain Reaction」に突入すると、Hiroも「言うなよ」とダメ押し。すると全体のムードは一気に本来のライブへと豹変していった。



激烈モッシュナンバー「BEK」では、袖で見ていたThe BONEZのJESSEもヘッドバンギングしながらステージへ乱入。さらにHiroが「かませ! 見せてくれ!!」と叫びながら「All I Want」へ続くと、ヘッドバンガーズと、自分のエリアを守りながらではあるがモッシャーの巣窟と化すスタンディングエリア。この日の出演バンドマンを多いに刺激することにもなったSHADOWSのライブである。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎TAKASHI KONUMA

◆BARKS内<KITAKAZE ROCK FES. 2022>特集

■ NOISEMAKER主催フェス<KITAKAZE ROCK FES. 2022>

5月28日(土) 北海道 札幌芸術の森 野外ステージ
5月29日(日) 北海道 札幌芸術の森 野外ステージ
open11:30 / start13:00
【28日出演者】
NOISEMAKER / coldrain / dustbox / FOMARE / KOTORI / HEY-SMITH / HIKAGE
【29日出演者】
NOISEMAKER / KNOCK OUT MONKEY / ROTTENGRAFFTY / The BONEZ / TOTALFAT / SHADOWS / CVLTE
▼チケット
入場券:通し入場券 ¥12,000(税込) / 28日入場券 ¥6,500(税込) / 29日入場券 ¥6,500(税込)
駐車券:通し駐車券 ¥1,000(税込) / 28日駐車券 ¥500(税込) / 29日駐車券 ¥500(税込)

この記事をツイート

この記事の関連情報