【速レポ】<KITAKAZE ROCK FES>The BONEZ、「昔に戻ろうなんて1mmも思ってない。新しい時代を一緒に作ってください」

ツイート

コブシがブチ上がり、ジャンプを決めるオーディエンス。さらにクラップも。これ、まだリハーサルだ。しかし、いきなりライブのクライマックスのような情景が一瞬にして広がっていった。その情景を支配するのはThe BONEZ。そんなリハは終わったものの、そのままステージに留まったメンバー。JESSE(Vo, G)、Koki(G)、T$UYO$HI(B)、ZAX(Dr)の4人は手のひらを重ね、掛け声を叫び続ける。そして最後にメンバー全員で気合いの入った雄叫びを上げた。

◆<KITAKAZE ROCK FES. 2022> 画像

「おい、オマエら、2年待っただろ! 2年待っただろ!!」

今度は会場全体を見渡し、あちこちを指をさしながら叫ぶJESSE。直後、始まったのはThe BONEZの自己紹介と呼べるナンバー。とは言っても、ご丁寧な自己紹介ではなく、The BONEZ流の豪快にしてキレある音とJESSEのラップを絡ませたエネルギーとカッコ良さを思いっきり詰め込んだもの。すでにリハのときから覚醒されていたオーディエンスは、腕を上げ、ジャンプするのは当然。全員がひとつになって強烈なグルーヴを作り上げていく。



「もっと来いよ。聴こえねーぞ、オマエらのクラップ!!」「行くぞ、手をあげろ!」「踊ろうぜ、おい!」

曲を次々に叩きつけながら、威勢のいい文句をオーディエンスに浴びせかけるJESSE。その一言ひとことに瞬時に反応し、あるいはJESSEをお手本のようにしてステップを踏み、クラップするオーディエンス。まさにみんなのカリスマがステージにいる。

「人間に観てもらって良かった。人間だから気持ち良くて、感動して、Fxxkin' Goodとかなったとき、声出ちゃうと思う。そういう気持ちを我慢することこそ、健康に悪いと思います。でも言うなよ。感情が出ること、悪くないと思う人?」

その問いかけに会場にいる全員が挙手。ステージのメンバーだって挙手。心はひとつになりながら突き進むライブだ。盛り上がり方も尋常ではない。





「ここ(スタンディングエリア)、入場規制があって、入れる人数はわずかで。さっきSHADOWSのとき、物販のとこに行ってたんだけど、そこで見える良さと、真ん中のエリアと、後ろも、全部、いいんだよね。物販の売り子さんたちも特等席っしょ? 全員、この<KITAKAZE>を2年間待ったと思う。本当におめでとうございます!」

そう言いながら、最後にステージ袖で観るNOISEMAKERのメンバーに深々と頭を下げたJESSE。会場から大きな拍手がNOISEMAKERに贈られた。




「今、ライブハウスでは、言いたくないけど言わなきゃいけないレギュレーションがあったり。でもコロナ前、パニック障害や身体の不自由な人は、きっと来れませんでした。それがコロナ禍(のレギュレーションがある)から、行ってみようかなとか。昔に戻ろうなんて1mmも思ってないんで、新しい時代を一緒に作ってください」

こうしてライブは広がりあるメロディを持つナンバー「That Song」へ。血流を激しくさせる曲ばかりでなく、気持ちの奥底まで染み渡るメロディを持つ曲があるのも、The BONEZも魅力だ。その歌も歌詞もメロディも、ずっと色褪せることはない。幸せな気持ちにさせたまま、ラストナンバーへ続いた。すると、曲の途中でスタンディングエリアに子供を見つけたJESSE。

「オマエ、何年生? 6年生か。来年、中学だろ。来年、ここへ友達連れてこい。よし、飛ぶぞ」


JESSEがその彼の顔をしっかり見て歌い、T$UYO$HIはタイミングは合わせて一緒にジャンプ。The BONEZのメンバーの優しさがにじみ出た表情もたまらない。新しい時代を作るだけでなく、新しい世代に音楽の、ロックの、そしてライブの良さを継承するThe BONEZである。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎TAKASHI KONUMA

◆BARKS内<KITAKAZE ROCK FES. 2022>特集

■ NOISEMAKER主催フェス<KITAKAZE ROCK FES. 2022>

5月28日(土) 北海道 札幌芸術の森 野外ステージ
5月29日(日) 北海道 札幌芸術の森 野外ステージ
open11:30 / start13:00
【28日出演者】
NOISEMAKER / coldrain / dustbox / FOMARE / KOTORI / HEY-SMITH / HIKAGE
【29日出演者】
NOISEMAKER / KNOCK OUT MONKEY / ROTTENGRAFFTY / The BONEZ / TOTALFAT / SHADOWS / CVLTE
▼チケット
入場券:通し入場券 ¥12,000(税込) / 28日入場券 ¥6,500(税込) / 29日入場券 ¥6,500(税込)
駐車券:通し駐車券 ¥1,000(税込) / 28日駐車券 ¥500(税込) / 29日駐車券 ¥500(税込)

この記事をツイート

この記事の関連情報