【俺の楽器・私の愛機】885「これだけは…」

ツイート

【ギブソンj45】(京都市下京区 スギモトコウジ 60歳)


京都市の某楽器店で試し弾きもせず買いました。ポケットに万札を入れて1991年だと記憶してます。

これだけは、手に入れたい。ピックガードもブリッジも違うのわかってるけど、憧れの神様に近づきたいだけの理由で購入しました。

帰って弾いたのは高円寺という曲。神様って誰か、わかりますよね?そのまんま60歳になってしまったよ。

   ◆   ◆   ◆

吉田拓郎だったらJ-45ですよね。私はミーハーだったのでD-45に憧れたなあ。伊勢正三ね。でもすぐにバンバン「いちご白書をもう一度」に触れギターソロカッケーとなり、興味はエレキに移りました。ちょっとしたきっかけや音楽との出会いで、その後の趣味嗜好が変わっていくんだろうなあとしみじみ思います。多感な頃に受けた衝撃や新鮮な驚きは、その人の人生観を左右するのかもしれませんね。だから音楽や楽器に正解なんてないんだよなぁ。そしてヘッドのダイモに昭和を感じた。(JMN統括編集長 烏丸)

★皆さんの楽器を紹介させてください

「俺の楽器・私の愛機」コーナーでは、皆さんご自慢の楽器を募集しています。BARKS楽器人編集部までガンガンお寄せください。編集部のコメントとともにご紹介させていただきますので、以下の要素をお待ちしております。

(1)投稿タイトル
 (例)必死にバイトしてやっと買った憧れのジャガー
 (例)絵を書いたら世界一かわいくなったカリンバ
(2)楽器名(ブランド・モデル名)
 (例)トラヴィス・ビーン TB-1000
 (例)自作タンバリン 手作り3号
(3)お名前 所在 年齢
 (例)練習嫌いさん 静岡県 21歳
 (例)山田太郎さん 北区赤羽市 X歳
(4)説明・自慢トーク
 ※文章量問いません。エピソード/こだわり/自慢ポイントなど、何でも構いません。パッションあふれる投稿をお待ちしております。
(5)写真
 ※最大5枚まで

●応募フォーム:https://forms.gle/XX72yo6Ph3BwqQHE9

◆【俺の楽器・私の愛機】まとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報