元アイアン・メイデンのポール・ディアノ、スティーヴ・ハリスとの久々の再会に「感激」

ツイート


ポール・ディアノが、先週(5月22日)クロアチアで開催されたアイアン・メイデンの公演を観に訪れ、元バンド・メイト、スティーヴ・ハリス(B)と再会したことについて「かなりエモーショナルだった」と話した。ふたりは連絡を取り合っていたものの、直接会うのは30年ぶりだったという。

◆関連画像

ディアノは『The Metal Voice』のインタビューで、こう語った。「先週末は最高だったよ。俺とスティーヴはいつもサッカーについて話をしてきた。でも、(直接は)長いこと会っていなかった。(その日)まず、スティーヴの姉妹、リンダに会ったんだ。30年くらい彼女には会っていなかった。それからスティーヴ、その後、ロッド(・スモールウッド/アイアン・メイデンの長年のマネージャー)にもだ。なんて年だ。素晴らしかったね。最高だったよ」

久しぶりの再会にぎこちなさはなかったかと問われると、「いや、素晴らしかったよ。俺がこういう(医療の助けが必要な)状況でなければ良かったのにとは思うけど。かなりエモーショナルだった。もし俺らが30年間全く話していなかったのであれば、もうちょっと変な感じだったかもしれないが、さっき言ったとおり、俺らはサッカーについて話していた」「俺らは、ふたりとも下町出身のロンドン・ボーイズだ。能天気なふたりってわけだ」と話した。

「スティーヴは翌日、電話もくれた。俺は気づかなかったから、メッセージを送り返したんだ。俺をイラつかせるのは、俺らはお互いを好きじゃないとかいう噂が流れていることだ。俺はアイアン・メイデンに対し何のわだかまりもない。(クロアチアで観た)公演は本当に素晴らしかった」

ディアノは現在、膝の手術を受けるため、クロアチアに滞在中。アイアン・メイデンの公演の前日(21日)には6年ぶりとなる自身の公演を首都ザグレブで開いていた。




Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報