メガデス、ジェイムズ・ロメンゾが正式メンバーに

ツイート

メガデスは、昨年、ベーシストのデイヴィッド・エレフソンが脱退して以降、ツアーに参加してきたジェイムズ・ロメンゾが正式なメンバーとして復帰したことを発表した。ロメンゾは2006年から4年間、メガデスに在籍し、『United Abominations』(2007年)と『Endgame』(2009年)の2枚のアルバムを制作。2010年、エレフソンの復帰に伴い脱退した。

◆メガデス画像

バンドは火曜日(5月31日)、「メガデスは、ベース・プレイヤーのジェイムズ・ロメンゾがこのバンドの正式メンバーとなったことを発表する」「ロメンゾはいま、メガデス・ファミリーに正式に再加入した」との声明を出した。

フロントマンのデイヴ・ムステインは、「ジェイムズを再びメガデス・ファミリーに迎えることができワクワクしている。ジェイムズがツアー・ベーシストとして古巣に戻ってくれ、すごく楽しくやってきた。俺ら、ずっとこれで行こうって思ったんだ」と、ロメンゾは「メガデスに再加入し、このアイコニックなバンドの歴史の次の段階に全速力で前進することにとても興奮している! デイヴ、キコ、ダークと一緒ならば、何も俺らを止めることはできない! 家に戻ってきたのは素晴らしい気分だ」と、コメントしている。

メガデスは2022年夏にもニュー・アルバムをリリースする予定と伝えられている。そのレコーディングにはテスタメントのベーシスト、スティーヴ・ディジョルジオが参加した。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報