ウルフギャング・ヴァン・ヘイレン、父エドワードの死にまつわる新ドキュメンタリーに激怒

ツイート

今週末(6月5日)、米REELZネットワークで、エドワード・ヴァン・ヘイレンのドキュメンタリー『Autopsy: The Last Hours Of Eddie Van Halen』が放送されることに、息子ウルフギャングがキレた。

◆関連画像

『Autopsy: The Last Hours Of…』シリーズは、“突然だったり衝撃的でメディアの注目を集めた世界的なアイコン、人々の死の真相を探る”ドキュメンタリーで、これまでマイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、INXSのマイケル・ハッチェンス、カレン・カーペンター、エルヴィス・プレスリー、カート・コバーン、リヴァー・フェニックス、ロビン・ウィリアムズ、マリリン・モンロー、スティーヴ・ジョブス、ブルース・リー、ジョン・F・ケネディ・ジュニアなどを取り上げてきた。

その新エピソードで、エドワード・ヴァン・ヘイレンの死を特集するのだが、ウルフギャングは水曜日(1日)、「@ReelzChannelのクソッタレ、この番組を制作する全員くたばれ、これを見るなら君らにもf**k youだ。癌で亡くなった誰かの死を美化しようとするなんて最低だ。痛ましく冷酷だ」とつぶやいた。

エドワードの元妻、女優のヴァレリー・バーティネリは、息子のツイートに「なんてこと、これは酷い」と返信している。

ウルフギャングの反応に賛同したり理解を示す人は多いが、同ドキュメンタリーではその人物の人柄や経歴も取り上げており、学ぶことがあるとの意見も上がっている。





Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報