ミューズ、先行SG第3弾となるALタイトル曲「ウィル・オブ・ザ・ピープル」リリース&MVも公開

ツイート

アルバム6作連続全英チャート1位に2度のグラミー賞受賞など、名実ともにイギリスを代表するロック・バンドのミューズが、新曲「ウィル・オブ・ザ・ピープル」をリリースした。

◆ミューズ 関連動画&画像


この曲は日本ではソニーミュージック移籍第1弾として8月26日に発売される9thアルバム『ウィル・オブ・ザ・ピープル』からのサード・シングルで、アルバムのオープニングを飾るタイトル・トラックでもある。

彼らが今年に入ってリリースした「コンプライアンス」と「ウォント・スタンド・ダウン」はどちらも批評家たちから絶賛され、特に後者はNME誌により「実に名曲」と称えられた。この「ウィル・オブ・ザ・ピープル」は、彼らの卓越したストーリーテリングとサウンドによる情景描写が冴えわたる軽やかなエレクトリック・アンセムで、ミューズがプロデュースを、セルバン・ゲニアがミックスを手がけている。 また、ヴィジュアル・エフェクツ・プロデューサーでアニメーターのトム・テラーが監督した同曲のビデオも併せて公開した。

「この曲は架空のメタバースに存在する架空の惑星を舞台とした架空のストーリーなんだ。そこは、架空の通貨を発行している架空の銀行を運営する架空のデータ・センターが示す架空のアルゴリズムで動いている架空の独裁国家に統治されていて、架空の住民が架空の都市に居住している。そこには架空のアパートがあって、架空の人物がある日起きて“こんな世界はクソ喰らえだ”って思う、そんな歌なんだ」とフロントマンのマシュー・ベラミーは語っている。

なお、ミューズはこの夏、ヨーロッパで開催される数々のフェスティヴァルに出演するが、10月にアメリカとヨーロッパ数都市の劇場をまわる特別限定公演を行なうことも発表した。 「先月ロンドンで行なったイヴェンティム・アポロ(旧ハマースミス・アポロ)でのチャリティ・ショウが本当に楽しかったから、2023年にツアーに出る前に、アメリカとヨーロッパでは長い間やっていなかったこの手の小さな劇場で数回やってみたくなったんだ」とバンドは語っている。


『ウィル・オブ・ザ・ピープル』

2022年8月26日(金)世界同時発売
※日本盤CDの詳細については決定次第発表いたします
●デジタル・アルバム予約&「ウィル・オブ・ザ・ピープル」再生・DL・はこちら
https://SonyMusicJapan.lnk.to/MuseWOTP

■収録曲
1. Will Of The People / ウィル・オブ・ザ・ピープル
2. Compliance / コンプライアンス
3. Liberation / リベレイション
4. Won’t Stand Down / ウォント・スタンド・ダウン
5. Ghosts (How Can I Move On) / ゴースツ(ハウ・キャン・アイ・ムーヴ・オン)
6. You Make Me Feel Like It’s Halloween / ユー・メイク・ミー・フィール・ライク・イッツ・ハロウィーン
7. Kill Or Be Killed / キル・オア・ビー・キルド
8. Verona / ヴェローナ
9. Euphoria / ユーフォリア
10. We Are Fucking Fucked / ウィ・アー・ファッキング・ファックト

◆ミューズ 日本オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報