ブライアン・メイ「エディ・ヴァン・ヘイレンともっと頻繁に連絡を取っていればと後悔している」

ツイート

クイーンのブライアン・メイは、故エドワード・ヴァン・ヘイレンともっと頻繁に連絡を取っていればよかったと、とても後悔しているそうだ。

◆関連画像

ブライアンは『Classic Rock』誌のインタビューで、ガンズ・アンド・ローゼズのアルバム『Chinese Democracy』(2008年)のためにギターのパートをレコーディングして以来、アクセル・ローズと偶然会ったりしたかとの質問に答える中で、エドワードについて触れた。

「(アクセルとの交流は)あまりないね。たまにメッセージはあるが、すごく稀だ。僕は(人々と)もっと連絡を取るべきなんだ。僕はちょっと内気で引きこもりがちな傾向がある。エド・ヴァン・ヘイレンにもっと連絡を取らなかったことはひどく後悔している」

そして、エドワードとのお気に入りの思い出について問われると、こんな逸話を明かした。「たくさんあるよ。でも、よく覚えているのは、彼が僕らの公演を観に来たときだ。一緒にホテルに戻り、彼はお気に入りの飲み物のボトルを持ってきた。サザンカンフォートだったと思うな。とにかく、彼はそれをがぶ飲みし、僕もそうし始めた。それで、僕は完全にわけがわからなくなった。気づいたら、トイレの床に転がってた。倒れ込んで、洗面台に頭を打ちつけたらしい。トイレに行ったことさえ覚えてなかったよ。僕の人生において、自制心を失った数少ない体験の1つだ」

ブライアンは以前、70年代、友人のトニー・アイオミがいるブラック・サバスの公演でオープニング・アクトだったヴァン・ヘイレンのエドワードの演奏を観て「こんなもの、これまで見たことがない。信じられない、信じたくないって思ったのを覚えてる(笑)。ジミ・ヘンドリックスを初めて観たときに似ていた」と、感銘を受けたと話していた。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報