【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>WANIMA、感極まった絶唱

ツイート

SEの「JUICE UP!!のテーマ」が流れだしたとたん踊り始めた観客の盛り上がりは、演奏が始まる前から最高潮に達した!

◆WANIMA ライブ写真

「<SATANIC>! PIZZA OF DEATHから、LEFLAHからWANIMAです! <SATANIC>、調子どう? 誰も置いていかんぞ。後ろのほう、調子どう? 両端、調子どう? みんなが好きなジャンプ、OKです。みんな好きなダンス、OKです。みんなができんことは、代わりに我々が全部やる!」

そんなKENTA(Vo, B)の宣言からなだれこんだのは、「BIG UP」だ。KO-SHIN (G, Cho)が奏でる裏打ちのカッティングに早速、ツーステップで応えた観客が、FUJI (Dr, Cho)が鳴らすサビの4つ打ちのリズムに合わせ、ジャンプ! 前述した最高潮をあっさりと更新した観客の盛り上がりにKENTAも大満足だ。


「みんな、ついてきてくれてありがとう! こんな贅沢な時間に、みんなができんことは、俺達が代わりにやるからな!」──KENTA

ステージに臨む意気込みを今一度繰りかえしたKENTAの歌声が空に響き渡る。2曲目は「Hey Lady」。ぐっと加速していったエネルギッシュな演奏に観客のジャンプはさらに高くなる。


昨年の<SATANIC CARNIVAL>で1日目のトリを務めたWANIMAが今年任されたのは、2日目の中堅だ。観客の気持ちに今一度、火をつけ、前半戦の盛り上がりを後半戦に繋げる重要なポジションと言えるだろう。PIZZA OF DEATH時代の2曲で観客の気持ちを一気にアゲていった3人は、ここで4月14日に配信リリースした新曲「眩光」を披露。

「変わらずに音楽しとるよ。みんなも変わらずに元気にしとった? 生きとった? 誰のために音楽したいのか忘れかけたときできた曲です」──KENTA

KO-SHINがギターをかき鳴らすジェット音とKENTAの歌声をリバービーに響かせた音像、そしてメロディに滲むエモい魅力が新境地をアピール。“何処だ” “何処だ”とKENTAとKO-SHIN、FUJIが掛け合うコーラスワークも聴きどころだ。


「まだ制限があるのにその場で手を叩いたり、ジャンプしたりありがとう。そんなみんなが大事な人、大切な人おるかと聞かれたとき、たった一人でもおったらいいと思います。そんな人がいない人は俺達でもいい。いつでも頼ってほしい。1人じゃないと照れずに伝えたいと思います」──KENTA

フェスだからって、ただただお祭りのように盛り上げればいいわけじゃない。それが今のWANIMAなのだ。

「俺はじいちゃんに歌います。みんなは大切な人を思い浮かべて聞いて欲しい」──KENTA

感極まったという表現がふさわしいバラード「1106」のKENTAの歌は、まさに絶唱だ。さっきまで踊っていた観客が微動だにせずに聴きいっている光景は、今年の<SATANIC CARNIVAL>を代表するハイライトの1つだったと言ってもいい。


「制限の中で、文句ひとつ言わないみんなはめっちゃカッコいいと思うよ! これからも変わらずにともに生きてください」──KENTA

観客に語りかけたKENTAがバラード風に歌いあげたイントロから一転、“進め君らしく心躍る方!”から一気にテンポアップしたWANIMAのポップパンクアンセム「ともに」で再び観客の気持ちに火をつけ、バンド自身も加速していったWANIMAがこの日、ラストナンバーに選んだのが、「デビュー前からずっと歌ってきた曲です」とKENTAが言った「ONCE AGAIN」。

タフなパンクロックと焦燥感に満ちた歌が聴く者の胸に突き刺さる。デビュー前の彼らがどんな思いでバンドをやっていたのかがうかがえるではないか。<SATANIC CARNIVAL>のステージを締めくくるにはぴったりだった。

「モッシュやダイブが戻って来たらいいな。一緒に作っていきましょう!」──KENTA

KENTAの声が響き渡った空には雨雲が垂れこめているが、天気はまだギリギリ持っている。


取材・文◎山口智男
撮影◎瀧本“JON”...行秀

【WANIMA セットリスト】

SE JUICE UP!!のテーマ
1.BIG UP
2.Hey Lady
3.眩光
4.1106
5.ともに
6.ONCE AGAIN

■<SATANIC CARNIVAL 2022>

6月4日(土) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
6月5日(日) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
・物販 / FOOD AREA:start09:30
・ライブ観覧エリア:open10:30 / start11:30 ※19:25終演予定
▼6月4日(土)出演ラインナップ
BRAHMAN
coldrain
HEY-SMITH
Ken Yokoyama
KUZIRA
マキシマム ザ ホルモン
NOISEMAKER
SHADOWS
SiM
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
Suspended 4th
w.o.d.
THE FOREVER YOUNG
[OA] FUNNY THINK
▼6月5日(日)出演ラインナップ
04 Limited Sazabys
10-FEET
Crossfaith
CVLTE
dustbox
ENTH
ハルカミライ
MAN WITH A MISSION
Paledusk
SHANK
SHIMA
WANIMA
山嵐
[OA]SABLE HILLS

この記事をツイート

この記事の関連情報