【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>SHADOWS、「いつの間にかでき上がった見えない壁をぶっ壊そうぜ」

ツイート

<SATANIC CARNIVAL 2022>初日もいよいよ終盤戦。HELL STAGEのトリを務めるSHADOWSは、サウンドチェックの段階から昂るオーディエンスが多数。凄いことになりそうな予感しかないムード一色に包まれていた。

◆SHADOWS ライブ写真

そして、ステージ中央で5人が拳を合わせ、まずはゆったりと気概のある音を重ねて「Candles」で口火を切っていったのだが、当然のようにオーディエンスは両手を高く突き上げる。歪んだ音と透明度の高いヴォーカル、破綻しそうな組み合わせを絶妙なバランス感で組み合わせ、美しく力強いサウンドとして解き放つ。さすがと唸るしかない腕前だ。


Kazuki(G,Vo)とTakahiro(G,Vo)のシャウトで一気に惹きつけ、客席が揺れっぱなしの状態を作り上げた「Freedom Is Yours」を鳴らしたかと思えば、そこからさらにギアを上げ、疾走するメロディックチューン「Fail」を続けてドロップ。もうたまらないと拳を突き上げることに飽き足らず、その場で飛び跳ねるオーディエンスが続出していくのも当然だろう。


サポートのリズム隊の躍動も素晴らしく、5人がひとつの塊として襲いかかってきたのが「My Direction」。ざらついた強靭なサウンドながら、キラキラした曲として降り注ぐ秀逸な仕上がりだ。


SHADOWSの楽曲は多様な要素、音数で構成されているが、決して情報過多にはならない。そのあたりのセンスをまざまざと見せつけてくる。

Hiro(Vo)の「一緒に踊りましょう」との言葉から届けられた「Drifting」は、PIZZA OF DEATH RECORDSのコンピレーションアルバム『The Very Best Of PIZZA OF DEATH III』に提供した1曲。轟音の中で気持ちよく漂えるアプローチがたまらなく、思わず顔もほころんでしまった。


ここで「毎年、最高のイベントに呼んでもらってありがとうございます」という<SATANIC CARNIVAL>への謝辞に続き、「いつの間にかでき上がった見えない壁をぶっ壊そうぜ」とHIroが曲にこめたメッセージを語って披露されたのが、6月1日に3年ぶりの新曲として配信された「A Ghost Of Walls」だった。グッドメロディーと屈強な推進力を持ち合わせたこの曲、世に出てまだ日が浅いにも関わらず、待ってましたとオーディエンスは大歓迎。この状況下、聴こえるはずがないシンガロングが立ち上る熱気と共に見えたような気がした。

ラストは畳み掛けるように鋭く広がるキラーチューン「Chain Reaction」、カオティックで密度が高すぎる「All I Want」を連投。歌い叫び、暴れ続け、会場の隅々まで届くよう、彼らなりの流儀でオーディエンスと空気を共有しながらギリギリを最後まで攻め続けていった。

取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎半田安政

【SHADOWS セットリスト】

01. Candles
02. Freedom Is Yours
03. Fail
04. My Direction
05. Drifting
06. A Ghost Of Walls
07. Chain Reaction
08. All I Want

■<SATANIC CARNIVAL 2022>

6月4日(土) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
6月5日(日) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
・物販 / FOOD AREA:start09:30
・ライブ観覧エリア:open10:30 / start11:30 ※19:25終演予定
▼6月4日(土)出演ラインナップ
BRAHMAN
coldrain
HEY-SMITH
Ken Yokoyama
KUZIRA
マキシマム ザ ホルモン
NOISEMAKER
SHADOWS
SiM
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
Suspended 4th
w.o.d.
THE FOREVER YOUNG
[OA] FUNNY THINK
▼6月5日(日)出演ラインナップ
04 Limited Sazabys
10-FEET
Crossfaith
CVLTE
dustbox
ENTH
ハルカミライ
MAN WITH A MISSION
Paledusk
SHANK
SHIMA
WANIMA
山嵐
[OA]SABLE HILLS

この記事をツイート

この記事の関連情報