【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>マキシマム ザ ホルモン、「プライスレスな奇跡を見せてくれ、サタニック!」

ツイート

おなじみのSEを合図に、それまで静かに待っていた会場中の腹ペコ諸君がぶっ生き返した。一斉に鳴らすハンドクラップは、生命力みなぎる鼓動を思わせる。それを浴びつつメタルポーズを決めながら現れたのはナヲ。股間をまさぐり、チン毛をバラ巻くような仕草をするのはマキシマムザ亮君。礼を重んじる上ちゃんは静かに登場。最後に飛び出てきたダイスケはんは「コブシ! コブシを突き上げろ!」と腹ペコどもを煽りまくり。その勢いで「握れっっっっっっっっっ!!」からライブへ突入した。

◆マキシマム ザ ホルモン ライブ写真

お立ち台改め、津田製麺所の麺箱に飛び乗り、歪んだ声を轟かし、上半身を折り曲げた強烈なヘドバンを繰り返すダイスケはん。腹ペコも見事なぐらい一心同体だ。壮観な景色が会場全体に広がる。曲が展開して、マキシマムザ亮君がメロウな歌声を響かせると、会場のスクリーン映像に映るメンバーには、虹色のファンシーなフィルターも掛かるなど、映像スタッフもバンドと一心同体。これまた見事。


「悪魔の祭典<SATANIC CARNIVAL>へようこそ!」

メンバーを代表して、ナヲが腹ペコ諸君を大歓迎。しかし悪魔の祭典ゆえ、出演バンドは口が悪いとも。coldrainは、マキシマム ザ ホルモンをおじさん&おばさん扱い。SiMは、山梨には何もなし、と。


「でも先ほどのKen様、神々しい♡。スタッフも仕事の手を止めて観てるんだから。そして我々、おじさん、おばさんなので、夕方の空気にやられて冷えてます。でもここに立ったら、年齢も、男も女も関係ない。やるしかねーだろ、サタニック!」

合言葉“三度の飯より飯が好き”でバンドと腹ペコ諸君はさらに強固に結びつきながら「恋のメガラバ」へ。腹ペコのモンキーダンスやヘドバン、ハンドクラップが、曲とライブをさらに熱く演出。いや、俺らこそ主役と言いたげな主張っぷり。そうしたバンドとのやり合いや一体感は上限知らずに高まり続けていった。


ダイスケはんが、今年も開催できたことに感謝。だが、マキシマム ザ ホルモンは来週からヨーロッパツアーが決まっていて、ここに出られない可能性もあったという。しかし最終的に出ることになったのは、明確な理由があるとも。そして会場のスクリーンに映されたのはダイスケはんの銀行通帳。そこには“4630万円”と振り込み額が。

「ISOさん(サタニック総合プロデューサー)、やったな…」と心配顔のナヲ。「ネットカジノでさらに増やす?」と金額も含めて時事ネタで攻め続けるダイスケはん。「でもお金で買えない価値、プライスレスがライブにある、と俺達は信じてる。プライスレスな奇跡を見せてくれ、サタニック!」


煽りを食らわせながら曲を叩きつけていくマキシマム ザ ホルモン。ヨーロッパツアー直前ゆえか、<SATANIC CARNIVAL 2022>への思いの強さか、バンドの仕上がりっぷりが凄まじい。プレイはもちろん、呼吸の合ったキメのひとつずつ、曲やサウンドと同化した表情も完璧。ライブバンドとしてさらに成長や伸びしろなども見せつけていった。

また今回、ダイスケはんも協力している飲食ブース=幡谷再生大学では、愛媛の都市伝説『蛇口をひねるとみかんジュースが出る』というのを再現している。まだ飲んでいない腹ペコ諸君が多かったことを知り、「俺達のライブが終わったら、50杯、俺がおごるわ!」とダイスケはんは大盤振る舞い。「たっぷり汗を流した後は、最高のビタミンが待ってる。飛び跳ねられるか、サタニック!」と「my girl」へ続いた。


それにしても“いい膣に惚れ惚れ”で両腕が左右に揺れたり、“va・gi・na”のコーラスに合わせて手拍子が起こったり、素晴らしい光景とピースフル感。腹ペコ諸君も、マキシマム ザ ホルモンの濃厚なライブを前に徐々に腹も満たされていくようだった。

しかし、やはり締めの一杯は必要不可欠。ナヲの音頭で“麺カタコッテリ”を全員で決め、ラストは「What's up, people?!」へ。極上のキレある音は腹ペコ諸君の脳内分泌物をさらに放出させ、ラウドっぷりは全身を快楽の極地へと陥れていった。ヨーロッパツアー後のマキシマム ザ ホルモンがどういう姿になっているかも楽しみで仕方がない。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎浜野カズシ

【マキシマム ザ ホルモン セットリスト】

01. 握れっっっっっっっっっ!!
02. 恋のメガラバ
03. 令和ストロベリーバイブ
04. 人間エンピ
05. my girl
06. What's up, people?!

■<SATANIC CARNIVAL 2022>

6月4日(土) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
6月5日(日) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
・物販 / FOOD AREA:start09:30
・ライブ観覧エリア:open10:30 / start11:30 ※19:25終演予定
▼6月4日(土)出演ラインナップ
BRAHMAN
coldrain
HEY-SMITH
Ken Yokoyama
KUZIRA
マキシマム ザ ホルモン
NOISEMAKER
SHADOWS
SiM
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
Suspended 4th
w.o.d.
THE FOREVER YOUNG
[OA] FUNNY THINK
▼6月5日(日)出演ラインナップ
04 Limited Sazabys
10-FEET
Crossfaith
CVLTE
dustbox
ENTH
ハルカミライ
MAN WITH A MISSION
Paledusk
SHANK
SHIMA
WANIMA
山嵐
[OA]SABLE HILLS

この記事をツイート

この記事の関連情報