【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>ハルカミライ、「元気いっぱいだぜ! いこうぜー!」

ツイート

どデカいフラッグを掲げて意気揚々とSATAN STAGEに登場したのはハルカミライ。今回で4回目の出演となるが、回数を重ねる毎にその存在感を知らしめていき、バンドとしてどんどんスケールアップ。トップバッターとしてこれほどふさわしいバンドもいないだろう。

◆ハルカミライ ライブ写真

まずは橋本 学(Vo)が「元気いっぱいだぜ! いこうぜー!」と景気よく叫び、「君にしか」からライヴはスタート。そのノリに引っ張られるようにオーディエンスもしっかり呼応すれば、ステージ上は序盤とは到底思えないほどの熱。続く「カントリーロード」では関 大地(G,Cho)がギターアップに飛び乗りジャンプを決めれば、須藤 俊(B,Cho)も広いステージを存分に使って駆け回り、立ち上がらんばかりの勢いで小松 謙太(Dr,Cho)もリズムを叩き出す。釘付けになるというより、吸い込まれそうになるぐらいだ。


熱狂するオーディエンスと共に行進するように「ヨーローホー」、誰もが心の中で大声を一緒に上げた「ファイト!!」などをぶちかましながら突き進んでいったのだが、驚くべきは決して下がることがないテンション感。曲中はもちろんオーディエンスを巻き込み、すべてが渾然一体となったライヴをする彼らにとって、現在の状況がやりやすいはずはない。だが、ツアーをライブハウス編とホール編の2本立てで行っているように、どんな環境でも湧き上がる熱き想いを激しく、ロマンティックに響かせるバンドとして歩みを進めてきた。その積み重ねがこのステージに表れているのだろう。


橋本がアカペラで客席へ語りかけるように始め、むき出しな想いを歌い上げた「世界を終わらせて」から続いた「僕らは街を光らせた」も印象的な1曲。「もしかしたら雨が降るかもしれねえから先に浴びとくわ」と橋本がペットボトルの水をかぶり、それが落ち着かせる効果があったのか、むしろ高ぶらせたのかはわからないが、ひと際麗しく歌声がたまらなかった。


ラストは届けたい気持ちが溢れたのだろう、急遽セットリストを変更しての「アストロビスタ」。祈りを捧げるように歌い、オーディエンスは拳を握りしめ、噛みしめる。それは声はなくともひとつのシンガロングであったに違いない。橋本が去り際に「またオレたちと一緒に歌おう」との言葉を残したくなる光景がそこにはあった。


取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎瀧本“JON”...行秀

【ハルカミライ セットリスト】

1.君にしか
2.カントリーロード
3.ヨーローホー
4.ファイト!!
5.俺達が呼んでいる
6.春のテーマ
7.Tough to be a Hugh
8.PEAK'D YELLOW
9.世界を終わらせて
10.僕らは街を光らせた
11.アストロビスタ

■<SATANIC CARNIVAL 2022>

6月4日(土) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
6月5日(日) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
・物販 / FOOD AREA:start09:30
・ライブ観覧エリア:open10:30 / start11:30 ※19:25終演予定
▼6月4日(土)出演ラインナップ
BRAHMAN
coldrain
HEY-SMITH
Ken Yokoyama
KUZIRA
マキシマム ザ ホルモン
NOISEMAKER
SHADOWS
SiM
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
Suspended 4th
w.o.d.
THE FOREVER YOUNG
[OA] FUNNY THINK
▼6月5日(日)出演ラインナップ
04 Limited Sazabys
10-FEET
Crossfaith
CVLTE
dustbox
ENTH
ハルカミライ
MAN WITH A MISSION
Paledusk
SHANK
SHIMA
WANIMA
山嵐
[OA]SABLE HILLS

この記事をツイート

この記事の関連情報