【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>CVLTE、身も心も激しくスウィングさせて

ツイート

「北海道から飛んできました」

フロントマンのaviel kaei(Vo)が挨拶すると、札幌発の4人組オルタナバンド、CVLTEの登場だ。リハの段階から観客は徐々に集まり、気づけば大勢の人が待機していた。そこからも、彼らの注目度の高さはわかるだろう。

◆CVLTE ライブ写真

まずは「lullaby.」で幕を開け、エフェクトをかけたヴォーカル、メランコリックかつエモーショナルな曲調により、他と一線を画したダークネスな世界観を披露。


「heartbreak.」の冒頭にHAL(Dr)はドラムの椅子に立って煽ると、そのまま曲に突入。途中、avielがステージ上でこけてしまい、「クソッ!」と声を漏らす一幕も。演奏後、「さっきのことは見なかったことにしてよ」とMCしていたが、そんなハプニングもライヴにおいては最高の潤滑油になるものだ。事実、盛り上がりにさらなる油を注ぐ展開が待っていた。


「hedonist.」ではポップかつリズミックな曲調で攻め、ド頭からクラップが鳴り響いたのは「garden.」だ。求心力抜群のキャッチーな歌メロでEVIL STAGEを一つに束ね、凄まじい活気を作り出すことに成功。


「曇っているけど、雨は降ってないですよね。晴れ男ですよ、せっかく晴れたから楽しもうよ!」と言うと、「bloodbath.」をプレイ。奥深いグッドメロディで観る者のハートをガッツリと掴み、身も心も激しくスウィングさせていった。


まだまだこんなものでは終わらない。「eat acid, see god.」ではPALEDUSKのKaito(Vo)がステージに現れ、野獣シャウトで楽曲を強力に援護射撃。ド派手なパーティーをブチ上げた後、「ケツ痛えな」とavielはボソッと呟き、笑いを誘っていた。


普段はあまり見せない人間味溢れるパフォーマンスに、CVLTEの存在をより身近に感じた人も多かったのではないか。ラストスパートはダンサブルな「kuromi.」を経て、「wasted times.」に繋ぎ、野外ステージが似合う雄大なメロディを解き放つ。ライヴ終了後、「(観客が歌う)声が聴こえた気がするわ」と呟くavielの言葉が印象的であった。

取材・文◎荒金良介
撮影◎岸田哲平

【CVLTE セットリスト】

1.lullaby.
2.heartbreak.
3.hedonist.
4.garden.
5.bloodbath.
6.eat acid, see god.
7.kuromi.
8.wasted times.

■<SATANIC CARNIVAL 2022>

6月4日(土) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
6月5日(日) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
・物販 / FOOD AREA:start09:30
・ライブ観覧エリア:open10:30 / start11:30 ※19:25終演予定
▼6月4日(土)出演ラインナップ
BRAHMAN
coldrain
HEY-SMITH
Ken Yokoyama
KUZIRA
マキシマム ザ ホルモン
NOISEMAKER
SHADOWS
SiM
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
Suspended 4th
w.o.d.
THE FOREVER YOUNG
[OA] FUNNY THINK
▼6月5日(日)出演ラインナップ
04 Limited Sazabys
10-FEET
Crossfaith
CVLTE
dustbox
ENTH
ハルカミライ
MAN WITH A MISSION
Paledusk
SHANK
SHIMA
WANIMA
山嵐
[OA]SABLE HILLS

この記事をツイート

この記事の関連情報