【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>Crossfaith、大トリを飾ったステージで「時代ってのはオレたちが動かして、オレたちが作っていくんだ」

ツイート

「時代ってのはオレたちが動かして、オレたちが作っていくんだ」と中盤のMCでkoie(Vo)が叫んだCrossfaithのライヴは凄まじく、新時代の到来を予感させた。

◆Crossfaith ライブ写真

2日間にわたって熱演が繰り広げられた<SATANIC CARNIVAL 2022>のSATAN STAGEのラストであり大トリ。「日本のロックフェスで初めてヘッドライナーを任された」と語っていたkoieだが、ワールドワイドに活躍する彼らであっても、それ相応のプレッシャーを感じていておかしくはない。


だが、その重みに押し潰されることもない。スタート前から彼らの世界観へ誘うアプローチとして、エクストリームなダンスミュージックを会場に爆音で鳴り響かせ、スクリーンにはトリップを誘う映像が映し出されていく。この異様かつ圧倒的な雰囲気。まず、この時点でヤラれてしまった人も多かったはずだ。

そんな空気に満ちた状態でライヴが始まるのだから、初っ端の「Xeno」から描かれた混沌とエグさが尋常ではない。オーディエンスも高く掲げたメロイックサインを拳に変え、強く強く突き上げていく。

もちろん、Crossfaithは会場の空気に甘えるようなバンドではない。もっとこいよと言わんばかりに「Monolith」をプレイ。Tatsuya(Dr)が爆発的なショットを高速で繰り出し、Hiro(B)が強靭なリズムをグルーヴィーにつないでいけば、Kazuki(G)が全身を震わせながらエッジの効いたギターサウンドを轟かせ、Teru(Vision/Prog)が定位置を離れてステージ前方に身を乗り出し、叫び、煽る。スタイリッシュなヘヴィミュージックでありながら、生々しく、肉体的なサウンドがコニファーフォレストのオープンエアに鳴り響く。





「ヘッドライナー! オレたちCrossfaithだ!」とKoieが改めて宣言し、「揺らしていけ!」と「Freedom」へ。空間を切り裂くようなラップから伸びやかなメロディーまで、ヴォーカルスタイルの振り幅も見事だ。

ここからは豪華客演の3連打。まずはラッパーralphを迎え入れて「Gimme Danger」をドロップ。しっかり腰の入ったralphのラップ、Koieのシャウト。それらが混じり合って高みに上り詰めていく様も、終盤の畳み掛けも、ド迫力。ステージから吹き上がる炎、闇に響く重低音。強烈なのにも程がある。




次に、「一緒に戦ってきた仲間」という呼び込みで姿を表したのはcoldrainのMASATOだ。放たれたナンバーはLinkin Parkの名曲「Faint」。Koieの野性味溢れる声、MASATOの伸びやかなハイトーンの対比も素晴らしく、ヘヴィに攻め倒しても極上のひと言。本人達としても手応え充分だったのだろう。曲終わりには2人で肩を組み、最高の笑顔を見せてくれた。

さらに、「地獄へようこそ!」というKoieの絶叫で始まった「Countdown To Hell」。そこへ飛び込んできたのがPaledustのKaitoだった。この日、EVIL STAGEでとんでもないインパクトのライヴをみせた後だけあって、臨戦態勢どころか、ずっと戦闘態勢だったはず。余計な狙いや思考を排除した本能的な声と動き。オーディエンスもそれに呼応し、ステージと客席がつながって、ひとつの生命体のようになっていく。



そして<SATANIC CARNIVAL 2022>を締めくくるラストナンバーには、すべての参加者へ感謝を込めて「Leviathan」が披露された。激烈なハードコアナンバーだが、喰らうというより、轟音に心が洗われるような感覚。その終盤、富士急ハイランド・コニファーフォレストの上空に打ち上げられた花火は、ライヴの終わりを惜しむようでもあり、2日間の素晴らしきショーを祝福するようでもあった。

イカれたモッシュやダイヴができない状況でも、バンドとオーディエンスが心を通じ合わせ、絶景を描くことができる──それを証明し、体験することができた2日間だった。願わくば近い将来、もっと自由に開放できる状況になっていればと祈りつつ、<SATANIC CARNIVAL 2023>へ期待を寄せたい。

取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎瀧本“JON”...行秀/半田安政

【Crossfaith セットリスト】

1. Xeno
2. Monolith
3. Freedom
4. Gimme Danger (feat. ralph)
5. Faint (feat.Masato)
6. Countdown to Hell
7. Leviathan

■<SATANIC CARNIVAL 2022>

6月4日(土) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
6月5日(日) 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
・物販 / FOOD AREA:start09:30
・ライブ観覧エリア:open10:30 / start11:30 ※19:25終演予定
▼6月4日(土)出演ラインナップ
BRAHMAN
coldrain
HEY-SMITH
Ken Yokoyama
KUZIRA
マキシマム ザ ホルモン
NOISEMAKER
SHADOWS
SiM
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
Suspended 4th
w.o.d.
THE FOREVER YOUNG
[OA] FUNNY THINK
▼6月5日(日)出演ラインナップ
04 Limited Sazabys
10-FEET
Crossfaith
CVLTE
dustbox
ENTH
ハルカミライ
MAN WITH A MISSION
Paledusk
SHANK
SHIMA
WANIMA
山嵐
[OA]SABLE HILLS

この記事をツイート

この記事の関連情報