【俺の楽器・私の愛機】905「PS-10。中学生だった頃の夢を叶えた“大人の衝動買い”。」

ツイート

【IBANEZ PS-10】(東京都世田谷区 HIDEKIN 50代)


KISSのポール・スタンレーが名曲 “Black Diamond” の時によく使用しているアイバニーズのPS-10、そのブロークンミラー(またはクラッシュドミラー)仕上げの限定モデル。

このギターは、元々は、輸出向けのアイバニーズ・アイスマン(国内向けではグレコ・ミラージュ)であり、ポール・スタンレーの意向を取り入れたシグネイチャーモデルがPS-10となる。とにかく目立つギターで、コレを持っていくだけで、どこでも人気者になってしまう。

中学生の頃からKISSの大ファンで、初めて生でライブコンサートというものを体験したのがキッスの初来日だった1977年の日本武道館公演。南東2階席でステージよりも天井のほうが近いような席だったので、メンバーは本当に小さくしか見えなかったけど、今でもしっかり目に焼き付いている。

そんなKISSであったけど、大人になるにつれて興味は離れていき、たまに来日した時は、なんとなく観に行く程度だった。しかし、1995年にオリジナルメンバーによるメイクしたKISSがついに復活。世の中的にも大きな話題となり、1997年にはリユニオンツアーで来日も決まった。そんな時に、たまたまギター弦を買いに行った渋谷の某ギターショップで目に飛び込んで来たのが、この来日記念モデルのPS-10ブロークンミラー。

展示しているだけでなく販売中。「ポールのあのギターが目の前にある」。文字通りに衝動買いしてしまった。もう25年位前の話です。その後、ポール・スタンレーは、他のメーカーのシグネチャーモデルをライブで使った時期もありましたが、ここ数年は、またPS-10をよく弾いています。やはり、ポール・スタンレーにはこのギターがとてもカッコよく似合っている。




   ◆   ◆   ◆

初めてこのモデルを見た時、うわこれは危ない気を付けて弾かないと怪我するぞ、と思ったものです。もちろんそんなことはみじんもないんですけどね。私もKISSのライブは何度も観ましたが、このミラー・アイスマンの使用頻度が最も高かったと感じています。最も信用できる相棒なのでしょうね。お~いポール、俺の楽器に投稿してくれないか。今はまだ最後のツアー中だけど、終わったら投稿してくれよな。(JMN統括編集長 烏丸)

★皆さんの楽器を紹介させてください

「俺の楽器・私の愛機」コーナーでは、皆さんご自慢の楽器を募集しています。BARKS楽器人編集部までガンガンお寄せください。編集部のコメントとともにご紹介させていただきますので、以下の要素をお待ちしております。

(1)投稿タイトル
 (例)必死にバイトしてやっと買った憧れのジャガー
 (例)絵を書いたら世界一かわいくなったカリンバ
(2)楽器名(ブランド・モデル名)
 (例)トラヴィス・ビーン TB-1000
 (例)自作タンバリン 手作り3号
(3)お名前 所在 年齢
 (例)練習嫌いさん 静岡県 21歳
 (例)山田太郎さん 北区赤羽市 X歳
(4)説明・自慢トーク
 ※文章量問いません。エピソード/こだわり/自慢ポイントなど、何でも構いません。パッションあふれる投稿をお待ちしております。
(5)写真
 ※最大5枚まで

●応募フォーム:https://forms.gle/XX72yo6Ph3BwqQHE9

「楽器人の投稿がmusic UP'sに掲載されます」

全国約1,000カ所の音楽関連スポットで、毎月20日に配布中されるフリーマガジン「music UP's」にて、楽器人の特集を掲載、【俺の楽器・私の愛機】で紹介された投稿の中からあなたの愛機をご紹介させていただきます。

※毎月の掲載数は2~4件ほどの予定です。選出はBARKS編集部で行ないます。
※掲載の選出対象は【俺の楽器・私の愛機】コーナーにて2022年5月30日以降に掲載された投稿が対象となります。

引き続き【俺の楽器・私の愛機】をお楽しみください。今後ともBARKS楽器人をよろしくお願いいたします。

◆【俺の楽器・私の愛機】まとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報