Ryohu、5ヶ月連続リリース第3弾「Cry Now feat.佐藤千亜妃」配信

ツイート


Ryohuが、6月8日(水)に「Cry Now feat.佐藤千亜妃」を配信リリースする。

◆「Cry Now feat.佐藤千亜妃」画像

KANDYTOWNのメンバーとしても活動する傍ら、ソロ名義としてはHIPHOPシーンにとどまらず、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションを果たしてきたRyohu。メジャー1st AL『DEBUT』は、自らが歩んできた音楽史を表現した全13曲すべてを客演なしで製作したが、2022年4月より満を持して客演を迎えた楽曲を5ヶ月連続でリリースするコラボレーションシリーズをスタートした。第一弾シングル「One Way feat. YONCE」は、アーバンでダンサブルな名曲として注目を集めスマッシュヒットとなり、続く第二弾シングル「Real feat. IO」は、KANDYTOWNの母体にもなったBANKROLLよりIOを客演に迎え、アレンジャーにTENDRE、サックスには小西遼が参加したムーディーでジャジーな雰囲気溢れるオーセンティックなミドルナンバーに仕上がった。

第三弾シングルの今作「Cry Now feat.佐藤千亜妃」では佐藤千亜妃を客演に迎え、彼女の伸びやかでキャッチーな歌と、「悲しい時は泣いていいんだ」というRyohuの印象的なラップが悲しみに寄り添いながらもポジティブに進んでいくことを力強く表現。アレンジ&プロデュースにはSIRUP、iri、にしな、向井太一などの作品を手掛けているShin Sakiuraを迎えたことで、ポップマーケットともリンクする緻密でアーバンなR&Bトラックは、梅雨時期にしっとりとハマる極上な作品だということ。

なお、6月8日(水)0:00には、Ryohu公式YouTubeチャンネルで「Cry Now feat.佐藤千亜妃」のオーディオビジュアライザーが公開される。

  ◆  ◆  ◆

■佐藤千亜妃コメント
大切な思い出は私達の一部になり、きっとこれからもずっと新しい場所へ連れて行ける。
だから今は泣いてもいいよと、隣で微笑んでくれるような曲になりました。



■Ryohuコメント
女性の音楽家と曲を作りたいなと思っていた頃、佐藤千亜妃さんの歌声が耳に入りました。
聞いてすぐに彼女の歌声の虜になり、作品を聞きながら想像を膨らませていました。
快く引き受けてくれた佐藤さんにこの場で改めて感謝を。
勝手ながら、また一緒にやれたら嬉しいなと、すでに思っています。
そんな佐藤千亜妃さんの歌声と僕のラップをぜひご堪能あれ。



  ◆  ◆  ◆



「Cry Now feat.佐藤千亜妃」


URL: https://jvcmusic.lnk.to/CryNow
【リリース前にPre-Add/Pre-Saveを設定しておくと、リリース日にご自身のApple Music/Spotifyアカウントのライブラリに自動で作品が追加されます】

※ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて
6月8日より配信スタート
※音楽ストリーミングサービス:Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、TOWER RECORDS MUSIC、Spotify、YouTube Music

この記事をツイート

この記事の関連情報