黒木渚、最新作「さかさまの雨」配信リリース

ツイート


黒木渚が6月15日(水)に最新作「さかさまの雨」を配信リリースすることをオフィシャルサイトにて発表した。

◆「さかさまの雨」ジャケット画像

今作は、ファンの数々の報われない恋エピソードを黒木渚自身が聞き、制作。ジャケット写真の唇もファンの中からモデルが募集され、撮影されたということ。



また同日には、4月に発売されたベストアルバムと同タイトルの長編小説「予測不能の1秒先も濁流みたいに愛してる」が講談社より刊行される。好きなバンドマンの男の子に近づくために、パンクが好きだと嘘をつき、軽音楽部に入部する女子高生‘シッポ’が主人公の青春小説。と言っても、「爽やかな青春小説」ではなく、闇を抱えた様々な事件が巻き起こるという物語だ。

さらに黒木渚が2019年に初めて書いた、父との確執を露わにした私小説「檸檬の棘」が文庫化。帯では小島慶子が「澄み切った劇薬のような、忘れ難い物語」とコメントしている。

なお黒木渚は今作のベストアルバムと最新小説の世界を立体的に表現する単独公演を、7月に東京と福岡で開催予定。

<リリース情報>

▼ 6月15日(水)リリース
デジタルシングル「さかさまの雨」
https://lnk.to/YZGcBONE

▼ 4月20日(水)リリース
ベストアルバム「予測不能の1秒先も濁流みたいに愛してる」
https://lnk.to/HYLj0dNE

<書籍情報>

▼ 6月15日(水)刊行


長編小説「予測不能の1秒先も濁流みたいに愛してる」
定価:2145円(税込)
ISBN:978-4065279335
判型:四六判正寸・ハードカバー
出版社:講談社
https://www.amazon.co.jp/dp/406527933X/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_Y8Q82R1040KDKJYDAQA8


文庫本「檸檬の棘」
講談社文庫「本性」刊行(著/黒木渚)
¥700(税抜)/ 192ページ / A6
ISBN:978-4-06-520167-1
https://www.amazon.co.jp/dp/4065280389/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_N58YKJ19N7ZKRVMKQJYH

<ライブ情報>

黒木渚 ONEMAN LIVE 2022「予測不能の1秒先も濁流みたいに愛してる」〜100周年記念ワンマン〜

7月08日(金)【東京】国際フォーラム ホールC
18:00 open / 19:00 start / ¥6,500

7月10日(日)【福岡】DRUM LOGOS
1公演目…15:30 open / 16:00 start / ¥5,500+1 drink order
2公演目…19:00 open / 19:30 start / ¥5,500+1 drink order

チケット一般発売日:6月15日
https://eplus.jp/kurokinagisa2022/


この記事をツイート

この記事の関連情報