月蝕會議、本日で5周年。記念ビジュアル&アーティスト達からのお祝いコメント公開

ツイート


月蝕會議が、本日6月15日(水)に結成5周年を迎えた。

月蝕會議とは、全員が作詞・作曲・編曲家でありアーティストでもあるバンド形態の音楽ギルド。エンドウ./Billy/鳥男/楠瀬タクヤ/岩田アッチュの5人によって結成され、キリンが歌唱で参加。2017年6月15日に始動し、同日に月蝕會議YouTubeチャンネルにてオリジナル楽曲「死んでよダーリン」と共に“月蝕會議 ご挨拶ムービー”を公開。集団で楽曲を作り上げる"co-write(コライト)"という手法で音楽をより高次元でまとめ上げ、自身の活動の他、様々なアーティストへの楽曲提供も手掛けている。


本日公開された“月蝕會議 5周年記念ビジュアル”は、月蝕會議が今まで開催してきたライブからピックアップされた象徴的なシーンと、これまでリリースしてきた作品群のジャケットが詰め込まれた1枚。月蝕會議の“月”の文字に組み込まれた5の数字が印象的な、月蝕會議の5年の歩みが感じ取れるビジュアルとなっている。そして、結成5周年を迎える月蝕會議へと、5周年にちなんで5組のアーティストからお祝いコメントが寄せられた。


「応援歌!」(2017年:作曲・編曲)、「それが声優!2021」(2021年:作曲・編曲)ほか多数作品の楽曲提供などで関わったイヤホンズ。


ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-「俺が一郎」(2017年:作曲・編曲)などのほか、映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』プロモーションテーマソング「STEALTH DIVE」では共に“NINJAKAIGI”というユニットを結成した木村昴。


<「トリック・オア・ドリーム」(2017年:作詞・作曲・編曲)、「ロードショー」(2019年:作詞・作曲・編曲)、「月色Chainon」(2021年:編曲)などで関わった、ももいろクローバーZより玉井詩織。


TVアニメ『18if』「ツバサ」(2017年:作詞・作曲・編曲)、「マスカレイド」(2018年:作詞・作曲・編曲)などで携わった新田恵海。


S.S.D.Sキャラクターソング「キタミナミ」(2020年:作詞・作曲・編曲)、「Ne音テトラ」(2021年:作詞・作曲・編曲)などで関わった野津山幸宏。いずれも豪華な顔ぶれだ。

そして、5周年を記念して「月蝕會議 紹介ムービー(2022)」も公開となった。月蝕會議は昨年発表したアルバム『月蝕會議2019・2020年度議事録』のほか、立体的な音場を体感できる新しい音楽体験「360 Reality Audio」で、「月蝕會議2019・2020年度議事録 -360 Reality Audio mix-」を配信中。今後の活動については公式HPや各種SNSなどで更新される。


この記事をツイート

この記事の関連情報